2018年06月13日
西門山(1496.7m)稲叢山(1506.2m)
トンネル南登山口 展望テラス 西門山山頂 反射板広場
四差路 稲叢山山頂 四差路 林道下山
8:30
9:25
9:45 11:40〜12:10 12:30 12:55〜13:10 13:30 13:50

深山の貴婦人、オオヤマレンゲが咲く季節となりました。
山の会でも例会に組まれていますが、例年よりもお花の開花が早い今年、オオヤマレンゲも早々と咲き始めたようで本日は下見を兼ねた山行です。

梅雨の晴れ間の眩しい青空が広がった本日、到着したトンネル南口駐車場には先客の香川からのグループの方たちが出発準備をされている所でした。
私たちも準備をして出発。
まずは西門山へと向かいます。
10分ほどで、尾根の分岐に出て右手方向へ。

オオヤマさま第一号 いつもの大ブナ ここで右手へ折れる

咲いてます!美しいオオヤマさま。
終わってる花もあるけど、まだ蕾もある。
『例会当日まで待ってね〜ゆっくり咲いてね』なんて都合のいい事を呟きながら、固い蕾を探します。

 登山道脇に咲く お馴染みのランバダの木 

この後お馴染みのランバダの木の横を通り、先へ進みます。
クネクネにもつれ曲がったこの木は、シロヤシオのようです。
そして迫力あるミニゴロゴロ八丁(勝手に命名)の大岩の間の登り。
でもひと頃に比べると岩や段差が無くなり、ずい分と歩き易くなっています。

 歩き易くなったミニゴロゴロ八丁

先月末に来た時は、地面にはシロヤシオの花が落ちていて、シャクナゲはまだまだきれいに咲いていたこの周辺も、さすがにもう花はありません。
名残りのシャクナゲが一つだけ落ちていました。

最後のシャクナゲ  展望テラスへ

そして北側の展望テラスへ。 今日の眺めは抜群です。
石鎚山もよく見えてる。
四国山地の山並み、愛媛県側は雲に覆われてるようです。

 石鎚〜瓶ヶ森  寒風〜平家平

ヤシャビシャクも花から実に変わってる。
西門山は短い歩きながらも、やせ尾根でスリルのある場所、湿原のようななだらかな場所と変化に富んだ登山道で、稲叢山に負けず劣らずステキな山だと思います。
シロヤシオやシャクナゲも多い。
山頂はなだらかな場所にあり、展望は得られないです。
この先にはまだ行った事がありません・・・東門山へはなかなか険しい道だとか。

 ヤシャビシャク  西門山山頂 三等三角点東伽駄屋

さて元来た道を引き返します。
最初に出会ったオオヤマレンゲの所まで戻って来たら、何と何とアカリプタさんとバッタリ!
昨年もこの山でお会いした事でしたが、約1年ぶりの嬉しい出会いでした。
(彼はこの後横倉山まで足を延ばされています。お元気ですね!)

西門山〜稲叢山の尾根分岐コルで、別行動していたヤマガツオさんと合流し、稲叢山へと進んで行くと・・・
キバナノショウキラン発見!
いきなり目に飛び込んで来て、先日の黒滝山でヤマウツボに出会った時のような気分でした。
例会当日に再会するのが楽しみです。

 サンコタケ キバナノショウキラン 

尾根鉄塔のオオヤマレンゲは今ひとつ。
ちょうどに咲いてる花が無かったし、周囲の樹木が成長して元気がなくなってるように感じました。
北側の展望も、今では見えなくなってる。
鉄塔下のオオヤマレンゲは弱ってしまってるように見えて、何だかかわいそうでした。
沢山の人に毎年踏まれてるもんね・・・。

 尾根の鉄塔より  雲海に浮かぶ石鎚

この後反射板広場へと移動。
今日は展望が良く陰もあるここで、お弁当タイムとします。絶景弁当!

 少しばかりの急登を行き  反射板広場へ

石鎚は依然雲の上からお顔を出しています。という事は、登山道はガスの中よね・・・。
雲はどんどん高知県側に流れて来ていて、瓶ヶ森や寒風も山頂は見えなくなっています。

 石鎚は依然雲の上に  雨ヶ森方面

眼下には大橋ダム
東赤石方面も、山頂付近は雲の中。
こんなにお天気良くても、山の天気は分かりませんね。

 大橋ダム  東赤石方面

今日は道中に、ホオノキの大きな葉がよく目に付きます。
モクレン科のこの花は、なかなか間近で見るのは難しいですが、登山道に落ちてるものを見かけました。
一つだけ咲き残ってるのをズームで。もう茶色くなっています。

 ホオノキ  やせ尾根の急登を行き

四差路からひと登りで稲叢山山頂へ到着。
大勢の登山者さんがいます。
私たちはひとまず下の展望岩へと移動。

 稲叢山山頂 二等三角点稲村ヶ台 山頂の大岩の下 

ドウダン咲く大岩からは、眼下に稲村ダム湖が望めます。

 シロドウダン  稲村ダム湖

ダム湖の向こうには山ノ神ノ森〜天賓阿礼・・・ヤブ山が望めます。
行ってみたいけど、自分の足ではとても無理な山域。
エントツ山さんが歩かれていますので、是非ご覧下さい)

さっきのグループがこちらに移動して来られたので、入れ替わりに私たちは山頂に戻ってから下山。

 岩場にベニドウダン 後方山ノ神ノ森 

四差路まではあっという間。
ここから保線路の方へ進み、再びオオヤマレンゲを観賞しますが、何とも痛ましい姿・・・。
木は半分以上枯れてるし、枝も折れたりと無残です。
木を取り巻く道(?)も出来てるし・・・弱ってしまうのは当然です。
撮影する自分だって、その原因を作ってる一人です。
前よりも大きくなったなあ、という印象の西門山のオオヤマレンゲに比べ、全般に稲叢山のオオヤマレンゲは弱っているという感じです。
道中オオヤマレンゲの赤ちゃんの小さな木は、結構見かけましたが、この木たちも元気で成長してもらいたいものですね。

 これも多分最後のミツバツツジ
保線路のオオヤマさま 

この後は近道から林道へと下ります。
この道も、今ではもうしっかりした道が出来ています。

 ヤマボウシ  ヤマツツジ

5分ほどの林道歩きで、駐車場所へ。
車はずい分増えていました。

 林道歩き
 車の増えた駐車場

下山後は車で少し移動して、林道脇のオオヤマレンゲを見てから帰路に着きました。
ダム湖手前の道沿いに植えられていた数本も、成長したかなあ?と見て回りましたが、草が生い茂り枯れてしまったとの事でした。(1本だけ残った木は、花を咲かせていました)

 林道脇のオオヤマさま
 まだお休み中

西門山のオオヤマレンゲには成長して大きくなったのを感じ、稲叢山のオオヤマレンゲは弱っているなあという感じを受けた本日の山行。
短い花の命、美しい姿を画像でとらえたい思いは皆同じ・・・
でもその事によって、木を傷めています。
撮影する時には、充分気を付けなくては・・・。

 気品ある姿です

梅雨時に花を咲かせるオオヤマレンゲ。
例会当日のお天気はどうなんでしょう?雨で無ければと願います。

 本日のログ