2018年06月24日
西門山(1496.7m) 稲叢山(1506.2m)
トンネル南登山口 展望テラス 西門山山頂 反射板広場
四差路 稲叢山山頂 四差路 林道下山
8:40
9:35
9:45 11:15〜11:50 12:00 12:25〜12:35 12:55 13:20

今日は例会で再びの西門山〜稲叢山を歩きます。
直前まで天気予報は絶望的で、気分はもう殆ど中止モードに入っていたのでしたが、いきなりの晴れマークとなった本日です。
花の開花が早い今年、目的のオオヤマレンゲももう終盤で、いつものトンネル南口駐車場には他には愛媛NOの車が1台のみ。
本日は6人のメンバーで出発です。

青空の下出発 オオヤマさま まだ充分きれいです

最初に出会うオオヤマレンゲの場所、まだいくつか咲いていてくれました。 良かった・良かった!

 ランバダの木 ミニゴロゴロ八丁を登る 

北側からの風は冷たくて気持ちがいい。
先日の天狗高原では沢山の虫に閉口しましたが、今日は虫もいません。
この山が本日初めてのメンバーもいて、自分が勝手に命名した場所等を紹介しながら歩きます。

 要注意の下り(北側切れ落ちています)  ミニもののけの森

四国山地の山並みは、まだガスの中に隠れていて、展望テラスからの展望は得られません。
『あの方向に石鎚が見えるんよ〜』なんて指さすけど・・・見えないもんね。

展望は今ひとつ(石鎚方面)  私の成分は殆ど水です、みたいなキノコ

静かな西門山山頂に到着後は、元の道を引き返します。
下山時に少しだけ登山道から外れて、岩場のオオヤマさまの様子を見に行きますが、もう終わっていました。
まだ小さな木ですからね。 順調に大きくなってもらいたいものです。

 静かな西門山山頂  岩場のオオヤマは花はもう終わり

尾根分岐まで戻って来て、次なる稲叢山を目指します。
楽しみにしていたキバナノショウキランは、背丈も伸びて成長していました。 花はまだ咲き初めですが。
無事に育っていて良かったです!

 成長したキバナノショウキラン  こんな花です

ヒメシャラのかわいい花が落ちています。
見上げても、どこに咲いてるのか分からない・・・。

尾根鉄塔付近のオオヤマレンゲは、すべて終わっていました。

 ヒメシャラ 鉄塔尾根を下って 

そして反射板広場へ。
風が冷たくて上着を羽織る人も。
景色はまだぼんやりしていますが、前回みたいに重いガスはかかっていない四国山地の山並み。
今日も東赤石方面は賑わってるだろうなあ・・・。
石鎚は見えないままでした。

 反射板広場へ

さて、お弁当の後は元の道へ戻り、四差路から稲叢山へ。
山頂には先客あり、広島からだというカップルがお食事中でした。

 鮮やかな色のキノコ  稲叢山山頂の岩

私たちは下の大岩に移動。
稲村ダムを俯瞰します。

 山頂下の大岩にヤマツツジ  稲村ダム湖を見下ろす

霞んではいますが、緑の中のダム湖・・・絵に描いたような眺めを楽しみました。

 稲村ダム湖

今日は道中ずっとドウダンの花が登山道に落ちていましたが、ここではまだ終盤ながらきれいな状態のドウダンが見られました。

 ベニドウダン シロドウダン 

この後はもう下るのみ。
保線路のオオヤマレンゲに別れを告げて、ショートコースの近道から下山。

 保線路のオオヤマレンゲ  林道へ下山

林道脇の植物を楽しむ内に、駐車場に無事戻って来ました。 
予定よりも30分ほど早い周回終了となりました。

 モミジイチゴ(?) オオバアサガラ 

最後に林道沿いのオオヤマレンゲを見て、帰路に着いた一行です。

 林道沿いのオオヤマレンゲ

オオヤマレンゲはピークを過ぎてはいましたが、まだ充分楽しめたのは何よりの本日の山行。
お天気も良くて、快適な道中でした。
少人数で楽しく歩いた西門山〜稲叢山、皆さんお疲れさまでした。