2018年07月18日
三鈷峰(1,516m)
大山駐車場 大神山神社 下宝珠 上宝珠
ユートピア小屋 三鈷峰 下宝珠 宝珠山    大山駐車場
8:40
9:15
10:10 12:20 12:55〜13:50 14:10 16:25 16:45 17:45 

今日は4年ぶりの三鈷峰へ。
5時半前に南国ICに入り、大豊の立川トンネル手前では、先日の大雨で橋げたごと流された上り車線の生々しい土砂崩れの爪痕を目の当たりにしました。
現在は大豊〜新宮間の下り車線を対面通行にして対処していますが、復旧にはかなりの日数がかかる事と思われます。

大山駐車場には、予定時間よりも早めに到着。 準備をして出発します。
(予定時間よりも早かったのはここまで。今回の行動時間は参考になりませんので悪しからず・・・)

駐車場のアサガオ 広い駐車場を出発 下山は中央奥から

まずは大神山神社への参道を歩きます。
最近は、猛暑を避けて早朝のツアーが人気、なんて聞いていましたが、ここでもガイドさんを先頭に神社から下って来られる団体さんとすれ違いました。
90歳前後と思われるご婦人が、私を見て『杖があっていいですね〜』って。
いやぁ、この階段を杖無しで上り下りされてすごいなあ、と感心した事でした。

 大神山神社  ソバナ

境内では楽しみにしていたナツツバキが満開!

 境内のナツツバキ

大木に沢山の花を付けて、それはそれは見応えがありました。
これだけでも来た甲斐があったと思った事でした。
さて・・・いよいよここから登山開始です。

嬉しい見頃  トチバニンジン

暑い!
風がそよとも吹きません。谷間だもんね〜。

 ヤマジノホトトギス  何の実?

神社から小一時間、汗だくになってやっと下宝珠越に出ました〜。
ここまででペットボトル(500ml)殆ど1本飲み尽くしました。
遅れ気味だったメンバー1名は、かなり体力消耗したようです。

 大汗をかいて下宝珠越へ アクシバ 

ブナの森の歩きになって、呼吸を整えます。
ちょっと頭痛もしていましたが(熱中症!?)、歩く内に徐々に回復。 
森の力と登山道脇のお花から、元気をもらいます。

 コゲラさん(?)   ホソバノヤマハハコ

ヤマツツジは色がとても濃い。
ホタルブクロはほんのりピンクがかっています。

 ヤマツツジ  ホタルブクロ

中宝珠越までやって来ましたが、上から下りて来た人によると『ガスで展望はありません』との事。
周辺もガスに覆われて暗くなってきました。
そして後ろのメンバーが、待てど暮らせどやって来ません〜。
(1名かなりバテて座り込んでいたようです)

 アカモノ  ノリウツギ越しの三鈷峰

しばらく待って4人揃った所で、上宝珠越向けて再び出発。
ここから先はザレ場にロープ場に倒木あり、段差ありの歩き難い登山道となります。
やっと上宝珠越に着いたのは12時過ぎ。
お腹も空いたので、ここで軽めの食事(お素麺を半分)をします。

 上宝珠越への登り  お花も増えて来る

まあ、上宝珠越まで来たら後もう少しですからね。
お花も沢山出て来ました。

 ダイモンジソウ クガイソウ 

次々と現れるお花を楽しむ内に、稜線分岐に出ました。
まずはユートピア小屋へ。 小屋横にて遅めのお弁当(お素麺の残り半分&コーヒー)。
わかめさん持参のしそジュースの美味しかった事!喉に浸みて、思わずおかわりさせてもらいました・・。
ごちそうさま!

 シコクフウロ オオバギボウシ 

食後は、ちょっと小屋の上の方まで行ってみます。(1名は小屋にて休養)

 カラマツソウ  キアゲハ

シモツケソウのピンク、クガイソウの瑠璃色、お花畑は見応え充分です。
これで青空だったらね〜。

 キツネノゴマ(?)  シモツケソウ

お花を堪能して小屋まで戻り、休んでいたメンバーも小屋から出て来た頃、やっと少し明るくなって来ました。

 少し明るくなってくる

小一時間程も過ごしたユートピア小屋を後にして、分岐の標柱まで下りて来ました。

 ユートピア小屋を下山  眼下に広がるお花畑

カツオさんと私はここから三鈷峰へ。
目で見た感じよりも短時間で行ける三鈷峰、”ミニ西穂独標”と勝手に名付けている好きな山です。

 コオニユリ

岩場になったら山頂はもうすぐ。

 三鈷峰へ  後ひと登り

でもね〜毎回ガスで展望無し。
ここからスッキリクッキリの四方の眺めを楽しみたいものですが・・・。
今回も全く何も見えなかった〜。

 今回もガスで展望無しの三鈷峰山頂  キュウシュウコゴメグサ

分岐まで戻って上宝珠越に下りた頃になって、ようやく陽射しが出て来ました。
(もうちょっと早かったらね〜)

 北壁が見えて来る

北壁もよく見えるようになって来ました。
振り返るユートピア小屋もクッキリ! 登りの時とはえらい違いです。

 ユートピア小屋もクッキリ  青空となる

あらまあ・・・三鈷峰も今ではこんなにきれいに見えてる〜。

 上宝珠越からの三鈷峰

ま、終始ガスの中の事を思えば、下山時に晴れてくれただけでもいいです。
後は慎重に下って・・・。

 難所を下山  足元に注意

しかし下宝珠越まで、またまたかなりの時間を要しました。
水分もかなり摂ったけど、もっと飲みたい。 帽子もザックも、ウエストポーチも、汗でびっしょり!
どんだけ汗をかいた事やら。

 宝珠山  ブナの森を下山

やっと宝珠山を通過し、中の原スキー場に出たのはもう17時!
車道まで出て、自販機で冷たい紅茶を購入しゴクゴク飲んだ事でした。
自販機の傍に腰掛けて、最後尾のメンバーが車道まで下りて来るのをしばらく待ちます。
駐車場に戻り、着替えを済ませた頃には、もう18時前になっていました。

 やっと森を抜けて スキー場を下山(写カツオ氏) 

かくして本日はこれまでの三鈷峰登山最遅記録となりましたが、ともかくも無事下山で良かったです。
下山後は青空を背に、三鈷峰〜大山がクッキリ! ガスは消えてしまってる。
自宅に着いたのは、何と22時前でした。

長距離運転のカツオさん、ありがとうございました。 皆さんお疲れさまでした。
(これに懲りず、また行きましょうね!)

 下山後は上天気に

 本日のログ