2018年07月25日
寒風山(1763m)
寒風登山口 桑瀬峠 鞍部 寒風山頂上
鞍部 岩場 桑瀬峠 寒風登山口
8:20
9:15
10:30 10:55〜11:25 11:55 12:00〜12:10 12:45 13:10

猛暑が続いています。
連日体温以上の気温、41.4℃なんていうとんでもない数値が記録され、熱中症で搬送される人が後を絶ちません・・・。
”熱中症厳重警戒””不要不急の外出は控えて”なんて報道されてるのに、今日は一人寒風山へ。
ますます低下して行く体力・・・何にもトレーニングしてないもんね・・・せめて山を歩かないと。
という事で、距離的にも自力で何とか大丈夫そうな、しばらくぶりの寒風へやって来ました。

夏の花ノリウツギ いつもの場所にガクアジサイ

桑瀬峠までは木陰の歩きではありますが、風が無く暑かった〜!
ペットボトル1本が早くも空になりそう。
樹林帯から抜ければ、照り付ける太陽にクラクラ・・・
もし倒れたとしたら・・・『こんな日に山に行って!』なんて言われますよね。
まあ自己責任という事で。 それに寒風なら、道で倒れていてもどなたかが見つけてくれるでしょう、なんて。

 アカモノ  桑瀬峠へ

でも、桑瀬峠に着けば吹き抜ける風の心地良さ! 生き返りました。
ただ休憩するには陽射しが暑すぎる、この先の木陰でひと休みしました。

この先登山道には笹が生い茂って、ちょっと歩きにくい。
足元もビショビショになりましたが、まあ涼しくていいかも。 すぐ乾くだろうし。

 笹が深い!(後方) 露でビショビショ・・(前方) 

この後は暑いながらも、北からの風が何とも心地良い稜線歩き。
夏のお花を楽しみながら、トロトロ歩いて行きます。
オオヤマレンゲの木に目を凝らして見てみますが、さすがにもう残り花も見当たりません。
今年は寒風のオオヤマさまには、会わずに終わってしまいました。

アサギマダラ  ノリウツギ

咲き始めのヒヨドリバナには、アサギマダラの姿が。 夏山ですね〜。

 ナンゴククガイソウ  タカネオトギリ

アルミ階段を過ぎれば、お花の種類も増えて行きます。

 イシヅチボウフウ シコクフウロ 

鞍部の片隅で、またまたひと休み。 水分は順調に(?)減って行きます。
さあ、後もう少し!

南面の登山道には、ノギランが目に付きました。
この付近で昨年一つだけ見つけたウチョウランは、花はもう終わっていましたが、今年も健在だったみたい。
来年も見られますように。

 ヤマアジサイ フリルがかわいい   ノギラン

山頂が見えて来ました。

 山頂が見えて来る

今年の初登りだった寒風、霧氷に歓声を上げながら歩いた事を思い出しながら、一歩また一歩と登ります。

 チャボツメレンゲ  ホツツジ

雲がモクモクと湧いて、まさに夏山の眺め。

 山頂より西ノ肩

そして誰もいない山頂に到着。
笹ヶ峰方面もガスに隠れそうだし、陽射しはキツイし、祠にお参りした後は東の縦走路へと移動。
下りになった木陰の、ちょっと広くなってる場所にてお弁当タイム。
パワー森林香が効いてるのか、虫もすぐ傍までは寄って来ないみたい。
下界とは別世界の場所でのひととき、じっとしていると寒いくらいでしたよ。

 誰もいない山頂 笹ヶ峰〜チチ山 

さて・・・笹ヶ峰まで行く元気は、とてもとてもありません〜後はもう引き返すのみ。

 雲湧く稜線 クロヅルの後方に寒風 

山頂を後にする頃、丸亀からだと言う8名のグループの方たちが登って来られました。
本日登山道で出会ったのは、この1組のみ。

 夏空とアザミ  シモツケソウ

登りでは気付かなかった(下ばかり見ていたのやね・・)ヤマツツジ、まだこんなにきれいに咲いていました。

 ヤマツツジと伊予富士

鞍部ではミヤマトウヒレンやシオガマギクが、花咲く準備中でしたよ。

 タマガワホトトギス 葉が傷んでる
 ミヤマトウヒレンはこれから

下山時のお楽しみ、一人なのでちょっと怖いけど、ここには寄らない訳には行きません。
慎重に恐る恐る進むと・・・咲いてます!マツムシソウ!
東赤石のあの長い道のりを歩く元気はない私、ささやかではありますが、ここで会えて嬉しいです。

 岩場にマツムシソウ  まさに高嶺の花

でもね〜もしここで落ちても誰にも分らんよね・・・なんて思いながら、一心にシャッターを押した事でした。
(それなのにピンボケばかり・・)

 ウチョウラン  マツムシソウと伊予富士

まあでも満足・満足! 目的のお花たちにも会えて、来た甲斐があったというものです。

 アルミ階段からの西黒森  シシウド

今日は靴と靴下の組み合わせが良くなかったようで、下りではつま先が痛いです。(短いコースで良かった)
桑瀬峠からは、膝も痛いけど自分なりの急ぎ足でどんどん下降。

 ヒヨドリバナ  ヤマジノホトトギス

登山口付近では、これも行きがけには気が付かなかったキノコ発見。
汗びっしょりで、無事下山となりました。
駐車場の休憩舎では、避暑&ドライブを楽しまれてる方たちが寛がれています。

 足元にキノコ  沿道のオオキツネノカミソリ

夏の登山は汗もつれ。 シャワーを浴びたい所ですが、一式着替えて帰路に着きました。

短いコースながら、変化に富んだ登山道と沢山のお花、眺め良し!の寒風山。
一人でも楽しく歩く事が出来ました。(独り言が多い怪しいオバサン?)
運転もいつまで出来る事やらですが、またお天気の良い日に訪れたいものです。

 本日のログ