2018年07月27日
一ノ森(1,879m)〜次郎笈(1,930m)
見ノ越登山口 西島駅 一ノ森 剣山
次郎笈 分岐 西島駅 見ノ越登山口
8:20
9:25
11:10〜11:55 13:00 13:50 14:25 15:10 15:50

本日は名頃からの三嶺の予定で、待ち合わせ場所の南国市某所を出発します。
明け方には、叩きつけるようなどしゃ降りの雨で山行も危ぶまれましたが、天気予報は悪くはありません。
訓練歩行も兼ねているので、そこそこのお天気なら行かなくては・・・。
道中大豊はガスの中、西祖谷トンネルを抜けてからも、同じように山にはガスがかかっています。
ガスで何にも見えない中を歩くのはしんどいな・・・
討議の結果行き先を変更、キレンゲショウマが咲き始めている剣山に行く事となりました。

三嶺のつもりだったから水分はたっぷり3L近く持って来て、ザックが重い・・・。
肩に食い込んで足取りも重いですが、西島までは下側の緩やかな道から行ったので有り難かったです。

こんな場所にギボウシ クリームイエローのニッコウキスゲ

西島駅周辺ではニッコウキスゲやシコクフウロ・ナンゴククガイソウが出迎えてくれました。

 祖谷川源流の谷  西島駅へ

さあ、これからはお花がいっぱいの道になります。
でも今日のカメラは接写が今ひとつ・・・(ズームも)。
まあ腕前もイマイチだからいいか・・・。
(という訳で、いつもにも増してピンボケが多く見苦しいですが、ご容赦願います)

 シコクフウロ白 開いたばかりのシコクフウロ 

刀掛の松から、左手へと進みます。
クサタチバナはもう花は終わっていました。

刀掛の松から左手へ  ツルギハナウド

キツリフネが現れ、次はいよいよキレンゲショウマの登場。

 キツリフネ  キレンゲショウマ

行く手の登山道の両側には、キレンゲがびっしり。
まだ咲き始めた所です。

 咲き始め ギンバイソウ 

緑濃い中にキレンゲの黄色とギンバイソウのピンクの花園。

 キレンゲとギンバイソウ 

小さなヒメフウロやソバナも咲いています。

 小さい小さいヒメフウロ  ソバナ

祠のある場所にて、しばしコーヒータイム。
今日は涼しくて、じっとしていると寒いくらい。

   穴吹川源流谷

穴吹川源流谷のマイナスイオンを浴びて、一ノ森へと進みます。
カニコウモリの大群生、そして苔の美しい事!

 カニコウモリ群生  苔もきれい!

やがて殉職碑のある分岐に出ました。
目の前で一ノ森が招いています。
ザック内にカサも入れて来ましたが、どうやらその心配も無さそう。
陽射しが出たり、ガスに覆われたりの繰り返しです。

 一ノ森へ

ひっそりと静かな一ノ森。
ヒュッテ周辺では、夏のお花が咲き誇っています。

 ヒュッテ前のナンゴククガイソウ ニッコウキスゲ 

いつもの白骨樹を眺めながら、ここでお弁当タイム。
今日は水分もそんなに減らず、ザックは軽くなりません〜。

 一ノ森のシンボルの白骨樹

お弁当の後は、一ノ森山頂へ。
ちょっとぼんやりしてはいますが、次郎・太郎もよく見えています。
三嶺はずっと雲の中、今日はこちらに変更して良かったです。

 山頂より次郎笈・剣山  ヒュッテを見下ろす

登山道上にある三角点まで行き、思い出の詰まった(?)五葉松の展望岩場を横目で見て、一ノ森を後にします。

 三等三角点 一ノ森
 五葉松の展望場所

この後の二ノ森への登り返しはしんどかった〜。まあ短いですから何とか・・・。
一旦下り、きれいな笹原を剣山へと向かいます。

 剣山へ  アキノキリンソウ

剣山の方は、平日でもそこそこの登山者の姿が見られます。
山頂でシャッターを押してくれたのは、香港からというご家族のお母さんでした。再見!

 宝蔵石  一等三角点 剣山

次郎笈の秀麗な姿を見ながら、吊り尾根を下って行きます。

 次郎笈へ

この後私たちは分岐から西島駅へ、M恵さんたちは次郎笈山頂へと、ここでお別れする予定でしたが・・・
やっぱり見てると行きたくなりますよね、次郎笈が呼んでるもの。
という事で、結果全員で次郎笈へと向かいます。
吊り尾根を下る頃は青空だったのに、次郎笈へと登る頃にはガスの中で真っ暗・・・。

 シロバナニガナ  トラバース道分岐

ガスの中の次郎笈登頂となりましたが、それでも一瞬晴れてくれて、槍戸山方面も望めました。
雨にはならなくて幸い。

 四等三角点 次郎笈  山頂にセミさん

丸石方面からガスが流れています。
三嶺は依然見えない。

 雲湧く丸石方面

次郎笈を下る頃は、今度は剣山方面は真っ暗〜。
分岐まで戻り、トラバース道を行く頃にはまた陽射しが戻りました。
暗くなったり、陽射しが出たりと、目まぐるしく変わる本日の空。

 剣山方面は暗くなる  トラバース道よりご神体

二度見展望所にて小休止の後、西島駅へと歩きます。

 ミゾホウズキ  気まぐれな青空

大剣神社への分岐から先の、長い間通行止めだった下の道も修復されていました。
(大変な作業だったでしょうね・・)
久しぶりに歩く道、ああそうだったここに小屋があったわ・・・もう壊れかけています。
小屋を過ぎれば西島駅はもうすぐ。

西島駅では、何とウグイスさんが10mほど先の小さな枯れ木にとまってくれて大サービス!
声はすれども滅多に見る事の無い姿を見せてくれたのに、残念無念!ピンボケでした・・・!

 修復された登山道(写carchu氏)  朽ちかけてる休憩舎

後は順調に下って見ノ越へ無事下山。 神社のキンロバイ・ギンロバイが迎えてくれました。

お蔭で今日は、キレンゲショウマが咲き始めた剣山を、楽しく周回する事が出来ました。
変化に富んだ魅力ある登山道、そして皆さんと一緒の歩きで、次郎笈までも行けて良かった!
お疲れさまでした!

 売店横にレンゲショウマ

 本日のログ