2018年08月31日
猿越山(1436m)
水の峠分岐 登山道入口 猿越山山頂 水の峠分岐 中津明神山山頂 水の峠分岐
10:35
11:12
11:20〜11:28 12:20 12:30〜12:55 13:05

台風が次から次へとやって来た8月も、今日でお終い。
東から西へとやって来た台風もありましたね。
沖合ではまた台風21号が発生中ですが、今日は朝起きると青空が広がっていました。
先日の石鎚で見たジャコウソウ、中津明神でもそろそろでは?と気になります。
それに昨年秋晴れの日に歩いた眺め最高の稜線と沢山のお花・・・しかも車道途中からのラクラク歩きは軟弱オバサンには嬉しいコースで、また是非歩きたいと思っておりました。
ただ・・・今回は一人。
まあ、見晴らしのいい稜線は寂しくはないだろうし、何と言っても車で上まで行けるし、と7時に自宅発。

ところが、引地橋を過ぎた頃から空は一面の雲、山の上にはガスがかかっています・・・暗い〜。
名野川に入ってからは、トラックやデイサービスの車とビクビクしながらすれ違い、何とか吾川スカイパークまでやってきました。
青空もまた出ている・・・まあここまで来たからにはね。行きます!
ところがところが・・・!車道に行く手を阻む(大げさ!)落石あり。
充分通れるとは思うものの、車を停めて思案・・・石は私の渾身の力で押してもびくともしない。
オーライオーライ、って言ってくれる連れもいないし、右に寄り過ぎたらこすってガリガリ・・・左に寄り過ぎたらガードレールないから落ちるし・・・車を置いて歩こうかとも思いましたが、置く場所無いし、こんな下から一人で登るのはしんどい・・・。
バックもようせん・・・結局こわごわ何とか通過したのでありました。あ〜怖かった。

 吾川スカイパークよりの稜線  落石あり・・・!右上には登山道

途中で寄り道。
お目当てのジャコウソウは、まだ咲き始めた所でした。

 ハガクレツリフネ オタカラコウ 
 ジャコウソウ  まだ咲き始め
仲良く並んで  ゲンノショウコ白花 
ツリガネニンジン   シコクフウロ

平日のこんなお天気の日、他に人の気配も無く(昨年はジョギングの人やパラグライダーの人たちに会った)
トロトロ走行する内に上の方までやって来ました。
舗装道とは言え傷んだ山の道、ドライブレコーダーが『衝撃録画を開始します』って何度言った事やら。

ガスの中では歩く気にもならず、ひとまず車で中津明神山山頂まで行ってみますが・・・
何も見えん。 しかもドアを開けようとしたら身体を二つに畳んだヘビさまが横にいる〜。
車から降りずに結局また戻りますが・・・このまま帰るのはいくら何でもね〜。

水の峠分岐脇に車を停めて、コーヒーを飲みながらしばし逡巡しました。
時折日も差してる・・・猿越山はガスの中だけど、まあ行こうか!折角ここまで来たもんね。
森林香に点火して出発となりました。

 オオマルバノテンニンソウと中津明神山 水の峠分岐から猿越山方面 

ツリガネニンジンがかわいらしく沢山咲いています。

 ツリガネニンジン白花 沢山咲いてる 

出始めのススキもきれい。
ガスはどんどん流れて行って、少し明るくなって来たかな?

 ススキの向こうに猿越山 

イチゴもヤマハハコも、昨年と同じ場所に見られます。

 苔の中にイチゴ  ホソバノヤマハハコ

四駆なら問題なく走行出来るこの道は、この先で行き止まりらしいですが、どこまで続いてるのか行ってみたいものです。 登山道入口・水の峠10kmの標識のある所はかなり広くなっていて駐車しても大丈夫そう。
ここから水の峠までクロスで歩いてみたい、と思った事です。(ピストンは自分には無理)

 登山道入口 水の峠10kmの表示  きれいに刈り払われた道

さて、登山道に入れば猿越山山頂はもう近いです。
笹は幅2m程きれいに刈られていて快適に歩けます。
山頂手前のこのロープは、くれぐれも持たないように。 グラグラと緩んでいます。

 ブナを過ぎると  猿越山はもうすぐ

山頂到着〜誰もいない、何も見えない・・・仲間と楽しくお弁当を食べた事等思い出しながら、今日はUターン。

 三等三角点 猿越  何も見えない・・誰もいない・・  ムラサキシメジ(?)

下って行く前方もガス・ガス・・・振り返れば猿越山山頂はガスから抜け出たもよう。

 中津明神はガスの中 振り返り見る猿越山 

登山道入口まで戻ると、少し日が射して来ました。
でも中津明神方面は暗い。

 東には青空が出る  西は暗い・・

中津明神方面から軽トラがこっちに向かって来ています。
おじさんが一人、途中で車から降りてお花を見ておられます。
私を見て『カラ池まで行って来たがかね?』って。ヒェ〜とんでもない!
『猿越山までですよ・・』って。
地元の方で、お花の様子を見に来られたそうでした。
おじさんはまた車に乗り東方面へ、私は西へ。
これで山に一人ぼっちじゃなくなったわ、とホッとします。

 秋の風情
 遠くに雨ヶ森

空もようは目まぐるしく変わり、遠くに雨ヶ森の特徴ある山容も見えて来ました。
前方には中津明神もやっと顔を出してくれました。
背後には積乱雲、まだ秋空とはなりません。

 やっとお顔を出した中津明神
 
 猿越山もクッキリ
 
 吾川スカイパーク・上名野川方面

水の峠分岐まで戻って、やっぱり中津明神山頂にも行かなくてはね、と一番近い所から登山道に入ります。
この登りが本日一番の急登、ゼイゼイと汗をかきました。


 ここからひと登り
 一等三角点 中津明神山

 ささやかなお花畑

山頂はミニお花畑。シコクフウロも一面に!コオニユリも一輪咲き残っていました。
ここでお弁当。
本日もキウイ&ブドウ、今日は分け合う人もいず、一気に食べてしまいました。冷たくて美味しい!
(先日の石鎚で、孫があっという間に食べてしまったのも無理ないか・・・)

 お楽しみのフルーツ
 分岐を後にする

ラクラク歩行なれど、一応2座登頂したし、さあ帰る事にします。

 ツリガネニンジン花盛り

途中でまた車を停めて、こわごわ叢の中を行ってみます。 ヘビさん出て来んとってよね。
こちらの場所のジャコウソウはまだまだ蕾ばかりでした。

 キツリフネ
 まだ蕾ばかり

再び車に戻り、落石の箇所も何とか通過。
上名野川、下名野川と下って来ました。
昨年見た場所には、今年もイワタバコの花が咲いています。これも咲き始めた所みたい。

 イワタバコ
 こちらも咲き始め

という訳で、本日のヘボ運転での楽チン山行は無事終了。
会いたかったお花にも会えて何よりでした。
この稜線は、ミツバツツジ咲く頃にも是非歩いてみたいものです。

 本日のログ