2018年09月19日
工石山(1176,4m)
登山口 杖塚 白鷲岩 トド岩
北の頂上 ヒノキ屏風岩 杖塚 登山口
9:30
9:50
10:10 10:30 10:45〜11:00 11:45 12:15 12:45

今日はまた一人工石山へ。
タカネハンショウヅルやツルニンジンも、もう咲いてるのでは?と出かけます。
2週間ぶりの(旧)土佐山村の山里には、至る所で彼岸花が咲き誇っています。
工石山へのこの道は、季節を肌で感じる事の出来る見どころ沢山の道。
新緑も紅葉も素晴らしいし、これから先はジンジソウも楽しみ。
そんな訳で、一人の時は工石山へと足が向きます。

登山口近くのツルニンジンは、まだ蕾でした。
トサノミカエリソウも満開になるのは、もう少し先みたいです。

 ツルニンジン蕾  トサノミカエリソウ

今日は杖塚からは北回りで。

 白鷲岩にて  ヒメコウモリソウ

まあ!! 巨大キノコ出現にびっくり!
きれいな形です。 しばし足を止めて見惚れた事でした。

この後次々とキノコが現れて足が止まります。
前回は少ししか見られなかったナギナタタケが、あちこちに出て来ています。

 巨大キノコ現れる! カラカサタケだそうです 
 ベニナギナタタケ  ナギナタタケ
 ヒイロベニヒガサタケ?  シロイボカサタケ?
カバイロツルタケ   

今日はお天気がいいから、トド岩にも登ってみます。
いい眺め!

 トド岩より三辻山方面

山頂が近付くとアサマリンドウもお顔を開いていて、シコクママコナと共に登山道を彩ってくれてる。
今日も北の頂上でお弁当。
まとわりつくアブもいなくて、ゆっくり過ごせました。
南の頂上にも登山者の姿は無し。
沢山の花を付けたアサマリンドウを見てから、下山して行きます。

 秋色の登山道  アサマリンドウ(南の頂上) 

いつものブナにヤシャビシャク、今はかわいい実を付けています。
今日は、工石山で初めて白のママコナを見つけました。 来年も同じ場所に咲いてくれるかな?

 実を付けたヤシャビシャク  シコクママコナ

キノコもいろいろ。
覚えたいけど、キノコの名前を同定するのは難しい・・・。
少しくらいは覚えたいものですが。

 ドクベニタケ  キイロイグチ

ウメモドキの実も赤く色付いていました。

 ウメモドキ  ホコリタケ

まあ! またまた大きなキノコ発見。
白くてとてもきれいな姿のキノコでした。

 タマシロオニタケ?  これも大きい!

杖塚からは、今日も三辻山連絡路経由で下山。
あっ、ツルニンジンが咲いてる。俯いてるのを、しつこくのぞき込んで撮らせてもらいました。

ヒノキの枝の上で鳴いてるのは誰でしょう? 私には鳥の種類も分かりません・・。

 ツルニンジン お母さんを呼んでるのかな? 

ヤマジノホトトギスはもう終盤。
ゲンノショウコの白花は沢山見られます。
(子供の頃腸の弱かった私は、これを干して煎じたお茶を飲まされたものです。白花の方が良く効くとか。)

 ヤマジノホトトギス  ゲンノショウコ

タカネハンショウヅルは咲き始めた所でした。カールがかわいい。
そしてまたまたツルニンジンも。

 タカネハンショウヅル
 ここにもツルニンジン

かくして本日の周回は終了。
目的のお花も咲いていたし、今日もいろんなキノコに会えて楽しかったです。
工石山さん、いつもありがとう!

 彼岸花満開

咲き誇る彼岸花を眺めつつ帰路に着きます。
陽射しが無くなってちょっと残念。 朝の光を浴びて輝いていたのを写しておけば良かったと反省。
この週末、土佐山では”彼岸花感謝祭”というのが開催されたようです。
彼岸花で染まった山里の風景でした。

 本日のログ