2018年10月26日
奥工石山1,516m)
林道駐車 竜王峠登山口 尾根分岐 奥工石山頂
ユルギ岩 尾根分岐 林道分岐 竜王峠 林道駐車
10:20
10:50
12:30 13:05 13:10〜13:40 14:05 14:30 14:55 15:15

この所ちょっとご無沙汰気味の奥工石山、ブナの黄葉、林道歩きでの色とりどりの紅葉が思い出されます。
悪路が心配だけど、やっぱり行きたいと計画しました。
本日は午後から雲が広がる予報なので、早めの6:40に自宅を出発。
いつもの仁尾ヶ内林道目指して、立川への県道5を走行します。
大豊はガスに覆われていて、ちょっとテンション下がりますが、こんなガスの朝は後に晴れるもんね!

県道は、この夏の土砂災害の爪痕がそこここに見られます。
道路がえぐられた箇所もいくつか。
そしてそして・・・いよいよ立川御殿の下から仁尾ヶ内林道に入ろうとしたら・・・
全面通行止めの看板が!あれぇ〜〜何と言う・・・念の為道を歩いていたご婦人に確認してみましたら、間違いなく通行止めとの事。
敢え無く冬の瀬目指して、今来た道を引き返します。
ひっそりした仁尾ヶ内林道の入り口に、スナック○○という看板の出ていた店(?今は閉まってる)がやけに印象に残りました。

 ジンジソウ  林道より見上げる

さてさて・・・来た道を引き返した後、本山までやって来て白髪山登山口の標識のある橋を渡ります。
・・・が!!なぜかこの後ハプニング。
意味も無い湖畔巡りなどする羽目となり、多大な時間のロスをしてしまいました。
お二人のメンバーさんごめんなさい!
やっと軌道修正して奥白髪林道への道を入って行きますが・・・ここからがまたまた問題なんよね。
未舗装道走行は私の車ではなかなか大変、白髪山登山口を過ぎてからはますます大変となり、もう白髪山登山に変更しようかと考えたりしましたが・・・。
結局途中の広くなった場所に車を停めて、竜王峠まで歩く事にしました。

 色とりどり  林道歩きからのスタート

救いはお天気。 ガスは今ではすっかり晴れて真っ青な空が広がり、道沿いの紅葉の素晴らしい事!

 真っ赤! こちらは赤・黄・緑〜♪ 

春にアケボノツツジを楽しんだ大登岐山がスッキリと見えています。

 紅葉の向こうには大登岐山

そしてついに竜王峠登山口に到着。
何て長かった事か・・・自宅から4時間もかかってしまいました。
山に登る前からもう疲れてしまいましたが、やっと登山道を歩けるのが嬉しい!
ここから尾根の林道分岐までは、初めての道なのでワクワクします。

竜王峠登山口   早々から紅葉のお出迎え 

早々から紅葉が待っていてくれました。
きれい〜〜! 苦労して来た甲斐がありました。

 きれい〜!

秋空に映える紅葉。
雲が出て来ない内にと足早になりますが、しばらくはやせ尾根の岩場や急登が続きます。

 ブナにサルノコシカケ  秋空です

大岩は左に巻いて通過しますが、なかなかに険しい下り。

 大岩を下る

そしてブナの森が広がる尾根道となりました。
ブナの葉もそれぞれに色が違っていてほんとにきれい。

 ブナの黄葉

カマツカも沢山の実を付けています。

カマツカの赤い実  たわわです 

燃えるモミジ。
歓声を上げつつ、青空が消えぬ内にと気が急いて、途中の四等三角点遠見は通過しているのに確認せずじまいとなりました・・・。反省。

 空いっぱいのモミジ  燃えています

もうでも12時過ぎ、徐々に雲が広がって来ています。

 ブナの向こうに大登岐山

日差しがある内にと、”下手な鉄砲”のシャッターをバシャバシャ乱射。
青空に勝るものはありません〜。

 青空を背に燃える

竜王峠分岐が近付く頃には、雲もかなり広がって来ました。
予報通りではあります。

 尾根より山頂方向 分岐手前の岩テラスにて 

やがて、仁尾ヶ内林道沿いの白石神社鳥居からの登山道と合流。
涸れて久しい岩清水の周辺には、咲き残りのジンジソウが見られました。

 岩テラスより(竜王峠方面 奥に白髪山)  涸れてしまった清水

ユルギ岩手前の吊り尾根も落ち葉で彩られ、とってもステキでした。
時間が早ければ、ここでのんびり昼寝でもしたい気分です。

 落ち葉の森

さて・・・目の前にユルギ岩が現れました。
いつもながらの圧倒される大きさ。  そして登りも後もう少しとなりました。

 視界いっぱいにユルギ岩

岩の下を巻いて、木の根をつかんで這い登れば・・・

 岩を巻いて  尾根へラストスパート

まずは右手山頂へ。
北登山口からの道も、いつか歩いてみたいものです。(もう先が見えて来た年齢・・・機会があればいいけど・・)

この頃は青空はもう消えてしまいました。

 北登山口への分岐  奥工石山山頂 一等三角点仁尾ヶ内山

遅くなったけど、お弁当はやっぱりユルギ岩がいいよね!
神社に手を合わせた後、岩に腰掛けての絶景弁当!
大変な道中だったけど、ここにこうして来られて良かったです。

 白石神社の祀られたユルギ岩

南には歩いて来た尾根、その後方に白髪山、北には大登岐山、そして紅葉、いつまでも眺めていたいです。
寒さも心配しましたが、上着を羽織る事も無く快適な気温。
しかし時間も遅いからゆっくりは出来ません。
天気も心配だし、もう下山しなくては。

 奥白髪山方面 大登岐山方面 

岩清水の場所からは足元注意、石車に乗らぬよう慎重に下ります。
”釣瓶落とし”の秋の日は14時を過ぎると樹林帯は薄暗く、心もち足早に歩きます。

 足元要注意のザレた急斜面 竜王峠分岐 

林道への近道は、以前は倒木ありのものすごい笹薮でしたが、今回笹はきれいに刈り払われて格段に歩き易くなっていました。 有り難いです。

 キノコ密集 ここから下山 

お蔭で僅か5分で、林道へ下山しました。
この時間になると、林道の方が安心して歩けます。
工事のトラックが道幅いっぱいに走行して行きましたが、どうぞ帰路には行き合いませんように・・・。

 林道に下りる 林道沿いの錦秋 

林道沿いの紅葉も素晴らしくて、竜王峠までは楽しく歩きました。
日差しがあれば、より素晴らしい事でしょう。

 光があればなお・・・ アサマリンドウ もう見納め 

竜王峠から後は長かった〜カーブを曲がれど曲がれど車はまだ見えない・・・結構下の方に置いてたんやね。
途中2頭のカモシカが崖を駆け下りて行きました。

そしてやっと車が見えて来ました〜もしやパンクしてるのでは?と不安に駆られていましたが、大丈夫でした。
帰りも苦難の道のり・・・車はドロドロ。
舗装してくれたらなぁ・・・もっと度々来られるのだけどね。

 車待つ場所まで下山

高知ICから下りるや否やGSの洗車機に突入し、帰宅したのは17:40。
かくも遠かった(?)本日の奥工石山でありました。
苦難の珍道中となりましたが、素晴らしい紅葉を堪能する事が出来ました。
お付き合い下さったお二人様、ありがとうございました!

竜王峠からの道はまた歩きたいものです。(自分の運転ではちょっともう・・・)

 本日のログ