2018年11月18日
望年山行A黒蔵山(614.3m)五ノ丸山(822.7m)
黒蔵山

黒沢湿原P 黒蔵山 たびの尻滝 展望台 黒沢湿原P
8:50 9:15 10:00 10:25〜10:35 10:55

明けて18日、今日はお天気良さそう。
井川遥さん似の美人のおかみさんに見送られて、宿泊したしらさぎ荘を後にします。
目指すは黒沢湿原
以前(11年前!)この松尾川温泉から登った黒沢湿原ですが、今回は車で。(楽チン山行です)

 宿泊したしらさぎ荘(手前)と松尾川温泉  アキノタムラソウ

クネクネ道を走行して、朝の光溢れる黒沢湿原に到着。
まずは三角点へ。
こんなに遠かったっけ?・・・11年も前の記憶はアテになりません。
結構な汗をかいて、こんもりした場所にある三角点に辿り着きました。

 三等三角点 黒蔵  朝の日差しの中下山

その後は湿原内を散策。

 ヤマラッキョウ  寂しげなリンドウ

何年か前にも来た黒沢湿原ですが(レポには残していません)、いずれも梅雨時で、秋に来たのは初めて。
咲き残りのお花が、寂しそうに咲いています。

 湿原を散策 リンドウももう見納めかな・・ 

晩秋の気配漂う湿原もいい雰囲気です。
紅葉もきれい。

ミズナラの黄葉   秋も終盤 

何より今回ここが初めてのメンバーが大半なので、良かったです。
皆さん楽しそうに散策しています。

 水蓮の葉が浮かぶのみ

湿原の南端、松尾川温泉から登って来たらまず出会う、たびの尻滝までやって来ました。
水量は少ないです。

 落ちても鮮やかなモミジ たびの尻滝 

昨日登った舟山と中津山も見えています。

 大西山〜舟山 奥の三角が中津山 展望台から五ノ丸山方面 

展望台では湿原を見下ろし、これから向かう山を眺めたりのひととき。
元気な老男老女(!)、遠足のような気分で楽しく散策した黒沢湿原でした。

 湿原歩きログ

五ノ丸山
登山口 五ノ丸山山頂 登山口
11:30
111:40〜12:10
12:20

さて・・・次は五ノ丸山へ。
とは言ってもまたまた車での移動。
クネクネ道を上へ上へと登り詰め、未舗装道となった標高もずい分上がった所で停車。
リーダー曰く『ここから15分』とのことです。

 林道脇に駐車  ミズナラ

急登ではありますが、何たって15分!
ここもミズナラの黄葉がきれいです。

 幹もきれい

そして15分もかからぬ内に山頂に到着。(呆気ない〜)
ここの三角点は、見慣れた四角柱の姿ではありません。
かわいそうに打ち砕かれたようで、ひしゃげていました。

五ノ丸山山頂  その後ろに二等三角点五ノ丸山 

そしてこんなマイナーな山に先客あり!
阿波あすなろ会の皆さんで、しばしお話が弾んだ山頂でのひとときでした。
(勿論皆さんは別ルートからの長い登り)

 阿波あすなろ会の皆さん
 山頂より中津山

晩秋とは言え、暖かい日差しの中で宿で作ってもらったお弁当を食べ、切り開かれた斜面の向こうにそびえる中津山を眺め、あすなろ会の皆さんとお別れします。
会のリーダーの方は、のんびり山歩さんとも旧知の仲だとか。
山でこうして出会って、山友さんたちとの輪が広がって行くのは嬉しい事です。

 カラスザンショウ やっぱり青空が一番! 

下山もあっという間。
まあ、登山とは言えんかもですが、出会いも展望もありで良かったです。

 あっという間に下山  モミジに見送られて

望年山行はこれにて終了。
今回は車での移動が多く、山歩きそのものは短いものでしたが、この後の山行の希望もいろいろと出し合って
楽しい一泊山旅でした。

 びっしり実を付けたマユミ

林道・作業道が、こんなに山を網羅(!?)している事にも感心した今回の山行でもありました。
自分ではとても行けない山道走行は、楽しかったですが、車運転のお二人は大変でしたね・・・。
車もドロドロになって申し訳ない事でした。

帰路も沿道の紅葉をたっぷり楽しめた2日間の山旅、お疲れさまでした。

 短いログ