2018年12月14日
加茂山(261.3m)
いの公民館P 登山口 第二展望所 加茂山山頂 谷地区へ下山 いの公民館P
8:10
8:42
9:15〜9:25 9:40〜10:05 10:35 11:00

恒例の”山で鍋!”の季節がやって来ました。
鎌滝山&早明浦ダム湖畔も良かったけど、ちょっと遠い。
昨年・一昨年のふるさと林道展望所は、眺めはいいけど風の通り道で寒かった・・・。
思いついたのは七色の里
過去に山友さんたちとシシ鍋を囲んだ、懐かしい思い出の場所でもあります。
あそこならWCもベンチもあったし、お水も使えた、と遠い記憶を辿り、加茂山をのんびり歩いた後、車で移動して鍋をする計画を立てました。

いのの街並みを見守るかのように、東西に広がる加茂山の山並み。
今日のメンバーには、いの在住の人が3人もいるしで、道案内はお任せです。

公民館周辺に車を置かせてもらって、出発。
早稲(さいな)川に沿って北上し、左手登山口から入って行きます。
集合した頃は寒かったですが、ここら辺で身体も温まり衣服調節。

 早稲川沿いの登山口  まさに里山

落ち葉の道を進みます。

 マユミちゃん  ツチグリ

里山の恵みが見られる、ほのぼのした道。

 ヤブミョウガ  フユイチゴ

分岐が現れ、右手にはログハウスが見えています。
今日は左手へ。

 右手にログハウス ツツジが咲いてる〜 

程なく第二展望所へ到着。
いのの街並みや仁淀川が、眼下に広がっています。

展望所からの眺め  

春には桜が咲き、鯉のぼりが泳ぐ広々とした展望所。(ワラビも出ます!)
まあ・・・!イノシシさんの暴れた跡がそこここに。

 春は桜の名所 鯉のぼりも泳ぎます 右奥に休憩小屋 

ログハウスからの道と合流する辺りには、休憩小屋があります。
小屋の傍では、地柿やマユミが見られました。

 ベニバナボロギク 小屋脇にもマユミ 

小屋から15分も歩けば、もう加茂山山頂です。
クルクルと目が回りそうな、らせん階段の展望台があります。
高い所は気持ちいい〜。 鳥形山が良く見えていました。北方面はぼんやり雲の中。

 第一展望所(写わかめさん)

広い山頂広場の北側に、四等三角点と山頂標識。

 広い山頂  四等三角点 加茂山

ここのマユミはひときわ赤かったです。

 ガマズミ  三角点脇のマユミ

一角にはシイタケが栽培されていました。
肉厚で美味しそう!今日の鍋に入れたらさぞかし・・・なんてね。勿論、撮っても、採りません〜。

 肉厚のシイタケ 美味しそう!  帰りは西へ

コーヒータイムを過ごし、山頂を後にします。
下山は西方向へ。

分岐で右手谷方面へ  谷地区に下山 

いの大国さまで有名な椙本神社の前を通り、出発点まで戻って周回終了。
さあ、次のお楽しみの場所へと移動です。

 椙本神社(いの大国さま)

”言うは易し”・・・いやぁ、大変な道のりでした。(自分の運転で来たのは今回が初めて)
クネクネの狭い道・・・時折出会う車にはもみじマークが付いていますが、ここを日常走行されてるのはすごい。
山を歩くよりも疲れました〜。
ま、何はともあれお鍋の用意!お腹も空きました〜。

そこは手慣れたオバサン8名、順調に美味しいお鍋が出来上がりました。
いただきま〜す。

 七色の里(成山) 具沢山のお鍋! 

オバサンたちは、食べるのが大好き。
鍋の材料以外にも、それぞれの持ち寄りの品が並びました。

 いただきま〜す  お楽しみも沢山

道向かいにある、家の手入れに来られていたおじさんにもお裾分け。(今は無人の家)
89歳という(とても実年齢には見えない)おじさんは、お庭のすだち(黄色くなってるけど柚子では無くすだちだそうです)を皆に下さいました。
自分で車も運転されて、この後も溝等の手入れ等をしておられましたが・・・お元気なのにびっくり。
ご先祖は、七色の和紙作りをされていたのだとか・・・いろいろお話も聞けました。

 すだちをいただく  無人の家の入口にカラスウリ

さて、お腹いっぱい!・・・当然ながら食べ過ぎです。
ちょっと歩かなくてはね。
坂道を上がって成山公園に向かいます。

 山里の風景 右手へ行けば成山公園 

約30分で到着。
うばが森まで20分とあるので、そちらへ歩を向けた所・・・まあ!
何とヘビさんがいました。もう寒いのにね〜縮こまっていましたよ。冬眠しないのかなあ?

道はどんどん下降して行きます。 記憶ではとても短かったんだけど・・・なかなか到着しない。
時間も15時前だし、という事で今回は途中で引き返しました。

 石垣の間にヤクシソウ ちょっと行ってみます 

公園まで戻り、新之丞の碑まで行くと、後方に何やら黄色い花が見られます。

 七色の橋を渡れば 新之丞の碑 

まあ!早くもロウバイが咲いていました。
いい香り!もう満開です。”冬来たりなば・・・”ですね〜。
季節はどんどん過ぎて行きます。

 早くもロウバイ いい香り! 

日溜まりにはスミレも咲いていました。
里山では、お花が途切れる事が無いのが嬉しいですね。
お腹もこなれて、お花も見られての満足の帰路となりました。

 八坂神社 日溜まりにはスミレ 

来る時は神ノ谷の近森製紙横から入って来ましたが、帰路は成山公園方面経由にします。
それがまあ・・・!!狭いの何の!
過去に2度サーフで通った事がありますが(逆方向から)、乗ってるだけの気楽な身には、全くそんな大変だったという記憶がありません。 運転も上手いから、道の狭さも気にならなかったのでしょう。
いざ自分が運転、となると・・・小刻みのクネクネ道の連続。
ガードレールが無くて怖いから、左に寄り過ぎてガリガリ・・・とイヤな音が・・・側溝にタイヤが落ちましたが、まあ溝が浅かったから何とか脱出出来ました。
同乗のOさん曰く、『奥工石山の時に続く悪路やね〜』って・・・。
舗装してるだけマシですが、大変な道でした。元来た道を帰る方がまだ無難やった・・・。(後の祭り)

ともあれ朝出発した加茂山登山口のある場所まで、無事に下りて来てやれやれ!(もう2度と走行したくない)
楽しい”山鍋”の一日は、これにて終了です。
来年も皆元気で山鍋を囲みたいものです。
お疲れさまでした。
(来年の場所は、どこがいいかなぁ・・・?)

 加茂山ログ(反時計回り)