2019年01月27日
伊吹山シラサ峠1,409m)
白猪谷バンガロー 上の林道登山口 ワサビ小屋 シラサ避難小屋 シラサ峠 林道 バンガロー
10:20 11:20〜11:40 12:00 13:10〜13:35 13:45〜14:00 14:50 15:15

今回は例会で伊吹山へ。この季節恒例の山行です。
比較的短時間で登れて冬山が楽しめる伊吹山は、参加者も多く16名という大所帯。
暖冬で雪があるのか懸念されましたが、直前に寒波がやって来て前日には高知市内でも雪が舞い、大豊〜川之江間の自動車道も雪で通行止めになる事態に。
もしや山行も中止に?と心配しましたが、当日は予定通りの出発となりました。
が、やはり山間部は積雪も増え、石鎚公園線に入ってからはほぼ徐行運転。
寺川に入ってからは、積雪はより多くなり、登山口到着までに何かと時間がかかりました。
冬山登山は、登山口に行くまでもが大変・・・運転のメンバーは気を遣われた事と思います。
今回は登山口手前にある、白猪谷バンガローに駐車をして、ここからの出発となりました。

 バンガローに駐車  16名のメンバーで出発

積もったばかりのきれいな雪は、キュッキュッと音がして気持ちがいい。
アイゼンはザック内にありますが、今日は無くても大丈夫そうです。

 登山口へ  要注意のザレた斜面

ザレ場を巻いて、木橋を渡り、ひとしきり登った所で林道に出ます。
衣服調整等の小休止の後、再び出発。

 雪の乗った木橋を渡る 林道へ出る 

先日の三嶺の雪道とは大違いで、今日は歩き易いです。
フワフワの雪が膝にも優しい。
ワサビ田に着く頃には、青空も広がって来ました。

ワサビは雪の下   渡渉 

白一色の中で、まだ赤い実も見られるツルマサキが目立っていました。
この後のジグザグの急登をこなしたら、いよいよ待望の霧氷が現れて来ましたよ〜!

 ツルマサキ 登りも一段落 

きれい〜! 歓声が上がります。

 青空&霧氷〜!

この後はもう、楽しいワクワクの道。

 霧氷のトンネル きれい〜! 

シャッターを押しながら、霧氷に見とれながらの歩き。

 ブナの幹にもびっしり  左画面の木をズームで

どんどん先へ進みたいものですが、時間はもう13時を過ぎてる。
一旦避難小屋へ向かい、ここで遅めのお弁当タイムとします。
避難小屋では、福山からという4人パーティーがお食事中でした。

 避難小屋へ  エントツから煙が出ていて先客が滞在中

食事の後は再び霧氷の中へ。

 再び霧氷の森へ 見上げる霧氷 

青空に霧氷、願っても無い眺めを満喫します。
そしてシラサ峠へ。

圧巻の大ブナ  シラサ峠へ 

名峰石鎚山が目の前にど〜〜んと!
最高の眺めです。

どっしりと石鎚山 

東に子持権現、どこを見ても絶景かな・絶景かな。
でもね〜〜今日はもう時間も遅いからここまでだって。
伊吹山山頂からの石鎚、下山して来る時の瓶ヶ森、霧氷の森・・・見たかったなあ。
安全が第一ですからね、残念ですが仕方ありません。

子持権現(ズームで)   この先を歩きたいですが・・・

石鎚の美しい姿、しっかり目に焼き付けてシラサ峠を後にします。

いつまでも眺めたい・・・ 
 
 霧氷越しの子持権現
 
白いサンゴの森 

大ブナの霧氷も素晴らしいです。
今日は、こんな霧氷に出会えて良かった!

名残り惜しく下山 

遠ざかる子持権現を眺めながら、下山して行きます。
午後の陽射しを浴びて輝いて、ほんとにきれい。

他に誰もいない三嶺山頂 

下山は快調です。 程良い積雪がクッションとなってくれて歩き易い。

ワサビ小屋まで下山   林道

15時過ぎ、順調に出発場所まで無事戻って来ました。

登山口へ  無事下山 

お蔭で、朝の集合場所まで陽のある内に帰る事が出来ました。
山頂まで行けなかった未練は残るものの、素晴らしい霧氷を楽しんだ一日。
まだまだこの後、霧氷に会える機会はあると思います。無事に行って来れたのは何よりです。
雪道運転のメンバーさん、ありがとうございました。
皆さん、お疲れさまでした。

 本日のログ