2019年02月25日
横浪半島の山 甲崎(116m)崎山(114m)宇都賀山(255m)
車道脇 ヤマグルマ 甲崎ピーク 岬先端 ヤマグルマ 車道脇
8:26 9:15 9:45〜10:25 10:40〜10:50 11:18 12:00

甲崎116m

先日の勝森〜虚空蔵山周回時に、虚空蔵山から眺めた横浪半島方面に、ひときわ目立つトンガリ山が見えていました。 メンバー1名は、過去に途中まで行った事があるらしい。
という事で、今回は登頂意欲をそそられた、そのトンガリ山へと向かう計画です。

 虚空蔵山から横浪半島を遠望(写真提供sengakuさん)  トンガリ山をズームで(左に同じく)

集合場所は横浪スカイライン沿いにある須ノ浦駐車場。
大きな武市半平太像がありますが、こちら方面には殆ど来る事も無く、今日のこの場所も初めての私です。
1台の車に乗り込んで、出発地点まで移動。

 武市半平太像のある須ノ浦駐車場  車道脇に駐車 この先から左手へ入る

途中、これから目指す甲崎の半島を望みます。 海がきれい!

 本日目指す半島

今日はヤブ覚悟で、私も剪定ばさみを持って来ています。
歩き始めはしっかりした道。快適です。

突先をズームで    最初は歩き易い道

30分程進むとやせ尾根になり、行く手を阻むツルやバラ・伸びた木の枝・・・
先頭を行くリーダーは、慣れた手捌きで道を切り開いている。他2名も剪定ばさみを駆使しています。
私は使う余裕が無い・・・。

 歩きにくくなる(写土佐野うさぎさん) 目指すピーク(左に同じく) 

ひときわ大きな木が現れました。こんなやせ尾根に何の木だろう?・・・。
葉を見たらヤマグルマの木でした。

 イタブの実 やせ尾根、段差ありの道 

しっかり根付いて枝を広げています。
ちょっと感動の眺めでした。

 こんな場所にヤマグルマの大木

あらっ!ミカンが生ってる〜デコポンみたい。
3個実を付けていましたが、一番熟れていたのは残念、崖に転がって行ってしまいました〜。
残り2個はゲットして、道中5人で分け合っていただきましたが、瑞々しくて美味しかったです!

 デコポン発見!  切り開きながら進む

この後もヤブ・ヤブ・・・そして急登を凌いで(標高低くても急です〜)116mピークに到着。

 こんな大木も 116mピーク到着 

やれやれと、早速リンゴを取り出して食べる私ですが、メンバーは休む間もなく伐採作業を開始。
足元は崖で、見ている方がゾクゾクしますが・・・。

展望はイマイチ  伐採作業 足元は崖です・・ 

約20分程かかって、展望が得られるようになりました。
四万十町の五在所ノ峰、大小権現山が遠望出来ます。
穏やかに広がる太平洋・・・漁船も浮かんでいます。

スッキリしました 
 
 更ににスッキリ!

さて、まだまだこの先へ進みますが、ピークからは急降下・・・木につかまってようよう下って行きます。
足元が崩れかけてる箇所もあり、もうこの辺でやめようかな、なんて立ち止まりましたが、みんなが行くからやっぱり私も行かなくては。

岬先端へ進む   足元ゾクゾク・・

足元注意ですが、やはりここまで来た甲斐がありました。
絶景かな・絶景かな!

突先まで来ました   釣り人がいます

眼下の碆には釣り人もいます。

東方向 

突先まで来てこその眺め。
ここまで来る事が出来て良かったです。
よく見れば、崖の左手下の方にロープみたいなのが見えてる。
釣り人が通るのでしょうか・・・危険極まりない道です〜。

 西方向

眺めを堪能して、元来た道を引き返します。
終始波の音を聴きながらの、両側が海の道、とても楽しかったです。

 クリの大木  タチツボスミレ

 甲崎ログ

崎山114m

車道脇 △崎山 浜歩き 燈台 車道脇
12:50 13:05 13:40 14:00 14:25

再び車道を移動。
武市半平太像まで戻り、北にそびえる四国山地の山並みを眺めながらのお弁当タイム。
そして次なる目的地、崎山へ。
昨年春に辿った横浪メランジュへの道、あの時と同じ出発場所です。
ヤブツバキが沢山咲いています。

 車道脇から入る  咲き誇るヤブツバキ

イノシシの暴れまわった跡と、咲き始めた沢山のムサシアブミ。
今回は遊歩道を歩いて、すんなりと三角点まで到達しました。

 ムサシアブミがあっちにもこっちにも  四等三角点 崎山

・・・が、なぜかこの後今回も砂浜歩きを・・・。
三角点の後、先頭を歩いていた私は、地図確認もせずにそのまま先へと進んで行ってしまったのでした。
後ろから『そっちでえいがかね〜?』って言ってるのに。

 こんな所から浜へ下りる 浜辺歩き 

結局違う尾根から道なき道を浜に下りて、前回メランジュの時に下りて来た場所から登り返し、軌道修正。
でもまあ、僅かの砂浜歩きが出来て、ウミウにも会えて良かったけど・・・。反省。(反省が身に付かない)

 ウミウ

前回は、ヤマザクラの花びらが沢山落ちていた石段をヨイショヨイショと登り、燈台に到着。
傍のナワシログミも、実を付けていました。

 130段の石段を登り  白の鼻燈台へ

燈台からの展望は殆どありません。
帰りはテープを忠実に辿り、三角点への道との分岐に出ました。
あの時三角点から引き返してれば、簡単に燈台まで行けたのにね。思わぬ周回となってしまいました。

 展望は殆ど無し  分岐に戻る(まっすぐ行けば三角点、テープ右に行けば燈台)

 崎山ログ

 宇都賀山255m

車道脇 △宇都賀山 車道脇
14:40 15:00〜15:10 15:30

ラストはまたまた車で少しばかり移動して、宇都賀山へ。
火立場(ほたてば)という、その昔のろしを上げた跡がある山だそうです。

 適当に登って行き  尾根道を行く

ゴミの散乱する道路脇から入り、見当を付けて登って行きます。
途中からしっかりした尾根道となり、程なく山頂に到着。

 二等三角点 宇都賀山  火立場(ほたてば)跡

三角点の手前に火立場跡がありました。
この一帯では一番高い山みたいだから、ここからのろしを上げたのでしょうね。

 下山  キブシ

という、横浪半島の山を巡った一日。
甲崎への道は、とても魅力的でした。
自分の力ではとても行けない道、メンバーと一緒ならではの楽しい山行でした。
ヤブとも言えないヤブではありましたが、自分たちで切り開きながらの歩きはワクワクしました。
(見てるだけですが・・) またこんな所を歩きたいです。
お疲れさまでした。

 宇都賀山ログ