2019年02月27日
蟠蛇ヶ森(769.3m)
桑田山神社P 鉄塔下の展望所 車道歩き 蟠蛇ヶ森山頂 鉄塔下の展望所
8:10 9:00〜9:10 9:40〜9:55 10:30〜11:05 11:55

毎年訪れたい、早春のユキワリザクラ咲く桑田山
昨年は開花が遅かったですが、暖冬の今年は早くも満開の便りが聞かれるようになりました。
曇り空でちょっと残念な今日ですが、この後雨の予報なので散る前に見ておきたいとやって来ました。
桑田山神社の駐車場に集合した、本日のメンバーは4名。
でもでも・・・内2名は登らないって。
女性2名(Nさん・Oさん)は、何とカマやノコギリ・剪定ばさみ諸々を用意して来ていて、前々から気になっていた展望場所の下草や、桜にからみついたツル等を刈る予定だそうです。
(地元関係者の方の許可を得ています)

 桑田山神社  狛犬の代わりに鷹が鎮座

という事で、2名は車で展望所へと向かい、残る2名で桑田山神社から登山開始。
写真を撮りながら登って行きます。

 ムラサキダイコンの花  菜の花の段々畑を登る

カンヒザクラも艶やかに咲いていますが、光が無いから冴えません・・・。

 カンヒザクラ 満開 

ユキワリザクラは今まさに満開!という感じです。
平日の曇り空ですが、見物客ももうあちこちに来ています。

ユキワリザクラも満開    桜を見ながら上へ

車道から見下ろす、雲のたなびくユキワリザクラも幻想的です。
(目で見たようには写せないですが・・)

 曇り空がちょっと残念

カーブミラーのある場所にはいつものカンヒザクラ、その向かいの石垣にはこれも毎年咲いてるヒマラヤユキノシタ、そして白梅咲く坂道から山道へと登って行きます。

 ここから更に上へ 芳香漂わす白梅 

オオイヌノフグリは、まだ顔を閉じています。
眼下に広がる山里の風景、桜のピンクが優しいです。
春とはなりにけり、ですね〜。

 たわわに実った八朔 山里の風景 

ユキワリザクラの向こうに須崎湾も見えて来ました。

 遠くに須崎湾

そして鉄塔のある展望場所まで登って来ました。
Nさんの車が停まっています。
お二人は手入れの真っ最中。
生い茂った下草に、成長して直径が10cm程もあるツル、ツルに負けて枯れてしまった枝等を切っています。
ただただ感心するばかりの私。
”山の恰好をして山に登らずに、こんな無償の行為をされる人もいるのやね〜”とびっくりです。
『下りて来たらきれいになっちゅうき、まあ上まで行ってきいや』と見送られて、私たち2名は再び登山道へ。

 花盛り 鉄塔下の展望所 

登り一辺倒の蟠蛇ヶ森への道は、相変わらずしんどい。
でもコショウノキがまだきれいに咲いていて、元気付けてくれました。

コショウノキ  ヤマアイ 

車道歩きの後の急登もなかなかしんどかったですが、何とか山頂に到着。
日曜日は賑わっていたようですが、今日は他には誰もいません。

一等三角点 万朶森  蟠蛇ヶ森山頂 

展望台にも登ってみますが、風が冷たかった〜!
眺めもぼんやりしてイマイチです。
時間もまだお昼には間がありますが、ここでお弁当を食べて早々に下山開始となりました。

こんなお天気ですが、下山時にはそれでも3組の登って来られてる方たちとすれ違いました。

展望台より   須崎湾をズームで・

さて、展望所まで下りて来ました。
お二人の姿が見えています。周辺には切り払った枝や草が積まれてる。たったお二人でこんなに・・・。
休憩もされずにやっておられたようです。
お蔭で桜の木の下の周辺はスッキリ。大変な労力です。


雨も落ちて来そうだし、と声をかけ作業をひとまず中断して、休憩を取ってもらいます。
展望の良いここは、特に夕陽を浴びた時の風景が絶妙のスポットなのだそうです。
それが近年ツルや草木がはびこって、桜が見えにくくなっていて、とても気になっていたのだとか。

私なんかは四万十市の山のお墓の手入れだけで疲れてしまうのに、ここはその何倍何十倍の広さ・・・
ただただ頭が下がります。

桜の周辺もスッキリ   桜が見え易くなりました

まだ続けたい素振りのお二人でしたが、今日はもうこれで引き上げる事に。
私たちも、ここからは車に便乗させてもらって下山。

 ここからは車で下山

お蔭で桑田山の三角点にも、立ち寄る事が出来ました。
実は、この辺の車道を通るのは初めてじゃないかな・・。

 四等三角点 桑田山291m  三角点より蟠蛇ヶ森を

今年のユキワリザクラ&蟠蛇ヶ森は、そんな訳でいつもとは趣の違った山行となりました。
そしてこの数日後には、『切り残した所があるから』と、またまたお二人は一日を費やして手入れをされに行って来られたとの事でした。
鉄塔下の展望所、彼女たちの尽力で桜がスッキリと眺められるようになりました。
お疲れさまでした。ほんとにありがとうございます。

 本日のログ