2019年03月13日
寒峰(1604.6m)
住吉神社 林道登山口 群生地 △栗枝渡 寒峰峠 寒峰山頂 △栗枝渡 住吉神社
9:00 9:25 10:00〜10:20 11:00〜11:10 11:40〜11:55 12:30〜13:30 14:25 15:40

梶ヶ森で楽チン歩きの雪と霧氷を楽しんだ先日ですが、同じ頃フクジュソウを楽しんだ山友さんたちからは、かわいいフクジュソウの画像のお便りが届きました。
雪の中のフクジュソウ!
もうそんな季節になったのやね。
という訳で、私たちも早速寒峰を計画しました。
そして今回も、前日は肌寒く風が強い・・・これは明日の山は、またまた期待出来るのでは・・・?
と、楽しみに当日を迎えたのでした。

当日、大豊に入ると暗い空・・・まあ朝の大豊はたいていこんな感じが多いですが、雨まで降って来ました。
山はうっすら雪化粧してるみたい。
祖谷に入り雨は止んだものの、依然暗い空で道路には水が溜まっていて、朝方まで結構な雨が降った模様です。(お山は雪やったのやね)

 住吉神社手前の駐車場  うっすら積もった雪とフクジュソウ

今回は林道が工事中なので、住吉神社からの出発になります。
ここから登るのは14年ぶり!
杉の植林の中を登って、見慣れた上の林道登山口に到着です。

 鳥居をくぐって出発 上の林道からの登山口へ 

今日も雪道歩き。
アイゼンも一応ザックに入れてるけど、今回も積もったばかりのふんわりした雪。
登山道下方のフクジュソウ群生場所は、雪に埋もれてしまってお花は見えていません。
帰りのお楽しみやね、と先へ進みます。

 慎重に・・ 今日も雪道 

さてさて、何と言ってもここが本日の目的の場所。
看板のあるフクジュソウ群生地に到着です。
積もったばかりの、真っ白い雪の中のフクジュソウ。
お顔の中にも雪。
こんな場面に出会えて、嬉しい限りです。


そして青空!
朝方の暗い空が嘘のように、青空が広がって来ています。
雪&フクジュソウ&青空・・・いう事無し!です。

 お顔の中にも雪・・寒そう

ネコノメソウもあちこちの岩陰から、顔を出し始めています。

 岩の間にネコノメソウ 雪に覆われた群生地 

ここでかなりゆっくり過ごしまたが、帰りをまた楽しみに群生地を後にします。

 待ち構える急登  ヨイショ・ヨイショ!

尾根の急登をこなせば、四等三角点栗枝渡
後続のメンバーを待ちながら、ここでまたひと休み。

 四等三角点 栗枝渡

木々の向こうに、寒峰山頂が見えて来ました。
雪の量もちょっと増えたかな。

 樹木越しに寒峰山頂 まだ遠いです 雪の尾根道歩き 

西寒峰にも登ってみたいですが、ここまで結構時間がかかっている事だし、今回もトラバース道を行きます。
トラバース道のフクジュソウは、まだまだこれから。
ここで朝ほぼ同時に出発した二人連れの方たちが、早くも下山されて来ました。
速い〜!いや、自分たちが遅いのやね。本日もゆっくり歩きの私たちです。

西寒峰トラバース道   上の群生地

上の群生のある寒峰峠には、福寿草はまだ影も形もありませんでした。
冷たい風の中、尾根の大ブナが手をいっぱいに広げて立っています。
いつ見ても感動する眺め。

尾根の大ブナ@  尾根の大ブナA 

西寒峰よりも高い所まで登って来た・・・あともう少しです。
あっ、寒峰山頂右手に見える山に霧氷が着いてる〜。
寒峰山頂北側はどうかな〜?気が逸ります。足は思うように進んでくれない。

背後に西寒峰   最後の登り

左手には国見山や中津山も見えて来ました。
そして到着、寒峰山頂です。

国見山・中津山 寒峰山頂 二等三角点寒峰 

東には矢筈山系の山並み。
あ、山頂直下のピーク北側に僅かな霧氷が見られる・・・
今日は周回はしないけど、せめてあそこまで行ってみよう!
でも傍まで行けば、一体どこが霧氷だったのかよく分からないような、ほんとに僅かの霧氷でした。

矢筈山系の山並み 

前烏帽子かな?北側の霧氷をズームで写してみます。
尾根続きと言ったって遠すぎる・・・じーっと眺めるだけ。

今日はぼんやりではありますが、飯野山も見えていました。
こんなにお天気が回復してくれて、ほんとに良かったです。

 前烏帽子山  北斜面に霧氷

南に目をやれば、三嶺〜天狗塚の山並み。
牛ノ背にもしばらく行ってないなあ・・・ミツバツツジ咲く頃に行きたいものです。

山頂で今日はかなりゆっくり過ごしましたが、そろそろ下山しなくては。

 南には三嶺〜天狗塚の山並み

トラバース道のフクジュソウは被さっていた雪が無くなり、いくつか小さなお顔を見せてくれていました。

 トラバース道のフクジュソウ まだ咲き始めた所です 

尾根道の雪も、すっかり減っています。
風は冷たいけど、陽射しは春。

 西寒峰分岐(右手がトラバース道) ぐっと少なくなった尾根の雪 

群生地の雪も、陽の当たる場所は融けてしまっています。
朝は一面の雪だったのにね。 儚い春の雪です。

 群生地の雪も無くなる 朝より大きく開いています 

登山道下方の群生地も、雪が無くなり沢山のフクジュソウが輝いていますが、ザレた急斜面を下りてまた登って来る元気が無い・・・ズームで写すだけにしました。

標高も下がった登山口付近からは、滝下の天狗塚がひときわ目立って見えています。槍のよう。
去年初めて登りましたが、三角点まで行けてない。
今年もう一度行くつもりではありますが、果たして実現出来るでしょうかね?

 登山道下方のフクジュソウ  切禿山〜滝下の天狗塚

などと思いつつ、住吉神社まで無事下山。
今夜は目を閉じれば、フクジュソウの可憐な黄色や、山頂からの大展望が浮かんで来る事でしょう。

 シロバナショウジョウバカマ

今日はにしいや道の駅で、そば&そば米雑炊をいただき、肉厚のシイタケや採り立ての自然薯等を購入して帰路に着いた一行です。 道沿いにはいつものシロバナショウジョウバカマが沢山咲いていました。
運転&計画のカツオさん、今日もお世話になりました。
皆さんお疲れさまでした。

 本日のログ