2019年04月19日
工石山(1176.4m)石原新山(979m)
工石山登山口 杖塚 ヒノキ屏風岩 北の頂上 岩テラス 四等△石原新山 嫁石P
9:18 9:35 10:15 11:10 12:00〜12:30 13:45 14:15 15:35

一年を通して足繁く通う工石山、数えた事もありませんが、多分もう100回以上は登ってるでしょうか?
殆どが単独歩きなので、一人歩く時は通常の登山道しか歩きません。
もし万が一の事があったら、見つけてもらえる所でないとね・・・。
なので、北の頂上から西へと続く尾根、『これより先は登山道ではありません』と書かれた立て札をいつも横目で眺めるだけでした。つつじが森へと続いているという道をいつかは歩いてみたい、とずっと思いつつ・・・。
山友のクムトマトさん土佐野うさぎさんから、10分程下ったら眺めのいい大岩がある、と教えてもらって初めてそこまで下ったのがこの3月。『ここも工石山!?』と目を見張る岩群の眺めに大いに感動したものでした。
そしてついに今回、野うさぎさんの案内で北の頂上から嫁石へと下る日がやって来たのです!
アケボノツツジ咲く頃に下りたい、という願いが叶えられそうです。

当日まずは、下山場所の嫁石に車をデポ。
梅まつりで有名な嫁石ですが、私には初めての場所。
オーバーハングした大岩をくぐった先は、私道となり通行禁止のロープが張られていて、手前の邪魔にならない所に車を置かせてもらいました。

 車道の大岩(嫁石地区)  工石山登山口のヤマザクラ

ふるさと林道を走行して、大滝山登山口や過去に山友さんたちと鍋を囲んだ展望所を通り、工石山登山口へと向かいます。移動時間は30分ほどで、工石山登山口に到着です。
満開になったヤマザクラの下を通って出発。
アケボノが、より多く見られる南回りで進みます。

 エイザンスミレ タムシバ 

この所すっかり暖かくなったから、一段とアケボノ他のお花も咲き進んでいます。

 咲き進んだアケボノツツジ

アケボノ・タムシバ・スミレ類にミツバツチグリ・・・楽しい道。

ヤッホーポイントからの眺め  ツーショット

ミツバツツジも咲き始めていました。
お天気は申し分ないし、こんな日に縦走が出来て嬉しいな。

 ミツバツツジも開花  ヒノキ屏風岩 左奥に妙体岩

賽の河原上部では、アケボノが一段と華やか。

 もう終盤 バイカオウレン 沢山の花付き 

沢山の花を付けています。

 いつもの古木

南の頂上のタムシバも咲き始めてる。
そして北の頂上へ。いよいよ縦走の始まりです。

 南の頂上のタムシバ 北の頂上 今日はここから西へと下山 

最初の見どころは今日で3度目となる岩テラス、展望が素晴らしいし、ここまでだったら登り返しも僅かなので、是非お勧めしたい場所です。(早速訪れて下さった啓子さんたち、ありがとうございました!)

岩テラス   眼下に岩群

さて、ここから先はいよいよ初めての道。ワクワクします!

これから歩く尾根   見上げればアケボノ

大岩群の間を下りて行くのかな、と思っていましたが、少し引き返して南方向へ下って尾根に乗りました。
両脇には、咲き始めのアケボノやタムシバ。

満開はさぞかし・・   こんな小さな木にも蕾

行く手にひときわ大きな岩が現れました。これは登らないとね!
勿論、展望は抜群。北側のアケボノがまだ蕾ばかりだったのが、ちょっと残念。
満開のアケボノ越しに眺める工石山は、さぞかしだろうと思われます。

大岩登場  やはり登らなくてはね・・

そして次なる岩テラスに到着。
野うさぎさんたちは、ここまで下りて来てまた登り返す事もあるのだそうです。北の頂上から50分程。
う〜〜ん、工石山があんな遠くに見える・・・登り返しはしんどそう。

 次なる岩テラス  工石山を眺めながらお弁当

ともあれここでお弁当タイム。眺め良く、休憩には持って来いの場所です。
こんな位置から工石山を眺めるなんてね、そうそうありません。
南には大滝山。
眺めをたっぷり楽しんだ、美味しいお弁当のひとときでした。

 寛げる場所です(右後方大滝山)

この後少し引き返して、北側へ急降下。
もうアケボノともお別れかな?と思ったのですが、これは今しがた居た大岩の下を巻いているのでした。
かくも大きな岩!
山名の工石山の通り、この後も大きな岩がいくつもありました。

 一旦下って 岩テラス下を巻く 

そして本日のクライマックスのアケボノ登場。
足場の不安定な小さめの岩ですが、傍には沢山の花を付けたアケボノ。
アケボノの間から眺める工石山は最高でした!

 アケボノ越しの工石山

と、ここまでたっぷり楽しんだアケボノとも、そろそろお別れ。
工石山山頂はずい分遠くになり、スズタケのヤブに突入。
まあヤブは短い間で、この後植林帯の中を歩きます。
足元には、かわいいコミヤマカタバミが沢山咲いていました。

 ヤブに突入 工石山があんなに遠くに 

野うさぎさんの先導が無ければ、迷ってしまいそうな広い植林の中、少し北のこんもりした場所に三角点がありました。

 979mピーク  四等三角点 石原新山

この後まだまだ植林の中の歩き、時には岩場も。

 迷いそうな広い場所 険しい箇所も 

途中の尾根から見る工石山、ますます遠くになってしまいました。
三角点から30分程で峠に到着。峠の名前は何て言うのでしょうか?
このまま西に進めばつつじが森へ、北に行けば石原方面だそうです。

 遥か遠くに工石山 これで見納め  峠に到着 南(画面手前)に下る

私たちは南へと下ります。
陽当たりの良い場所では、これまでと違ったお花が出迎えてくれました。

 ホソバシロスミレ(?) タニギキョウ 

少し開けた所には、権現様が祀られていました。周囲にはミツバツツジが沢山。
あともう少しで華やかになる事でしょう。
この後は延々と続く下り。堆積した落ち葉と埋もれたガレ石で歩きにくい。

 三寶大権現様 落ち葉とガレ石の下り 

峠から約1時間のこの下りは、本日一番しんどく長く感じました。
ヤブツバキの花と甘い香りに助けられながら、谷の水に元気をもらいながら、何とか転ばずに無事下山。

 谷でひと息 ついに下山〜 

下山場所は平らな広い場所(畑跡?)で車道はここで終わっています。
20分程車道を歩いて、車待つ場所へ。よく歩きました〜。

 新緑の中約20分の車道歩き 車待つ場所へ 

朝、工石山登山口へと向かう時には、『余力があれば大滝山にも行ってみよう』なんて軽々しく言ったものの、もうとてもそんな余力はありません〜そのまま大滝山登山口は通過しました。
ともあれ念願叶った工石山〜嫁石への縦走、アケボノ咲く季節に歩けてほんとに良かったです。
野うさぎさん、案内して下さってありがとうございました。お世話になりました。
皆さんお疲れさまでした。楽しかったですね。
(今日の逆コース、嫁石→工石山はとてもじゃないけど無理です!)

 落し物のノコギリ

 ※ 石原新山手前の尾根に、ノコギリが落ちていました。お心当たりの方はご一報下さい。

 本日のログ