2019年04月23日
高研山(1055.6m)赤兀山(1040.3m)
高研トンネル上の登山口 高研山 赤兀山 △丸野 林道 △野々山 川井登山口
8:05 9:30 10:45〜11:10 12:05 12:40 13:00 13:15

今日は県境の三角点を巡る尾根歩き。
行き先は鬼北町と梼原町との境、高研山です。
私には初めての山域。
尾根を西に辿ると、一度だけ行った事のある地蔵山に続いています。
道の駅ゆすはらにて待ち合わせ。
まずは下山場所に向かいます。川井という地区。
のどかな山里・・・初めての場所は興味津々です。
配車を済ませ、本日の登山口のある高研トンネル上部の広い林道まで移動。
登山口には土佐伊予大街道・お万姫の墓所250m、と書かれた標柱が立っています。

 下山場所に車をデポ  高研トンネル上部の林道脇から出発

いきなりの急な登りです。周辺には咲き始めたホウチャクソウ。
皆さんに付いて行くのがやっとで、なかなか余裕がありません〜。
ひとしきり登った所で、おまん姫の墓所のある場所に到着。

 おまん姫の墓所 イノシシの罠 

この後しばらくは、なだらかな尾根歩き。
エイザンスミレも咲いています。

 ホウチャクソウ スミレ咲く尾根歩き 

が、再び急登。ロープもある急なジグザグの登りが待っていました。
四つん這い状態で何とか登って行きます。

殆ど這い登りの急登  やっと一段落

やっと登り着いた所には石垣の跡。かつてはここに墓所があったようです。
地味ではありますが、周辺にはヤブレガサやツルシキミが沢山出ています。

 墓所跡  ヤブレガサ&ツルシキミ群生

その後も続く登り。
出発から約1時間20分、高研山山頂に到着。 この登りが一番しんどかった〜〜。
本日の天気予報は曇りのち雨・・・雨になる前には下山したいです。

 高研山山頂 四等三角点高研 ヤブを下る 

登った後はヤブの下り、とは言え短いヤブ歩きで、程なく平坦な尾根道となりました。
沢山のかわいいコミヤマカタバミが咲いています。

 うっすらピンクのコミヤマさん

単調な植林歩きの中、コミヤマさんのかわいい姿に癒されました。

 しばらく平坦な尾根歩き 切り株にコミヤマさん集合 

この後また笹ヤブ・・・背丈よりも高いスズタケに行く手を阻まれます。しかも急登。
頭上では、カラスがからかって(?)います。
『こんな天気の日に、こんなヤブを歩く老人たち・・・何しよるん??カアカア・・・』って啼いてる?

少しヤブの登り   ヤブを抜けても登りが続く

まあそれでも順調に次なる三角点に到着。
赤兀山(あかはげやま)1040.3m。 恥ずかしながら”兀”の字が読めませんでした。
たかい(訓)・コツ(音)と読み、漢1級の字で”山などが高く突き出ているさま””高くて上が平らなさま””草木がないさま””はげたさま”とあります。
ともあれここで少し早めのお弁当タイム。

再びヤブ   三等三角点 赤兀(あかはげ)

赤兀山からの下りでは、本日初めての展望が開けました。
ぼやけていて残念ですが、右手前方に見慣れない山並みが連なっています。
左手手前がこれから行く丸野山、その右手中央が霧立山更に地蔵山と続いています。

シロモジ越しに展望が開ける   丸野〜霧立山〜地蔵山

一旦荒れた林道に下りたち、しばし林道歩き。
そして再び山道を。

丸野へ向かう  林道歩き

登り始めて間もなく、道の真ん中に標石が。
日吉村三角点の文字があります。
よく分かりませんが、国土地理院の三角点とは違うようです。

この時、下でバタバタと鳥さんの羽音がして、ヤマドリさんが飛び立って行きました。
いつ見ても長い尾がステキです。
そ野後また下って登って、しばらく歩いた後丸野山に到着。
本日の尾根歩きはここまで。
空も暗くなり湿気を帯びた風が、雨が近い事を報せています。

 日吉村三角点の標石 奥に赤兀山  四等三角点 丸野

丸野山から引き返し、ピーク手前で右手トラバース道へ入ります。
トラバース道と言っても人の歩いた跡も無く荒れた、道とも言い難い道。
尾根に回り、広々した林床となりました。

 引き返して途中から北側トラバース道へ  広々した林床

程なく林道へ。
林道脇には、春のお楽しみ(ワラビ・イタドリ・ゼンマイ)がありました。(足取りが軽くなる〜?)
そして再びヤブをくぐってちょっと寄り道。

 一旦林道に下りる ヤブをくぐり 

今日のおまけの三角点野々山です。
本日の4つの三角点、いずれも展望はありませんでした。
そして落ち葉の中に隠れた”イノシシの罠”が、数ヶ所にありました。

 四等三角点 野々山  ユズリハが沢山

この後ユズリハが沢山ある広い場所に出て、林道に下り着きました。
少しばかり歩いて、車待つ場所へ無事下山。
何とか雨に遭わずに縦走終了です。

 林道に下りて  車待つ場所へ

車を回収し集合場所の道の駅ゆすはらで解散、帰路に向かう頃にはとうとう雨が落ちて来ました。

今日は未知の道歩き。下見もしてくれていたリーダー他のお蔭で、迷う事無く縦走が出来ました。
私にはよく分かりませんが、往還道だったという今日の道はいろんな歴史が刻まれた道のようです。
高幡地方最高峰という霧立山にも、機会があれば登ってみたいものです。心惹かれる山名ですね。
しかし高研山への登りはなかなか大変でした〜〜下りもですが、最近は登りの方が膝が痛みます。
下山後は膝がストライキを起こしています・・・減量出来ない自分が情けないですが・・。
計画して下さったリーダー、一緒に歩いてくれたメンバー、ありがとうございました。
お疲れさまでした。

 本日のログ