2019年05月03日
国見山(1409m)
上の登山口 1370m 国見山山頂 林道出合 1114m 林道 上の登山口
9:25 10:10 10:35 11:12 11:40 13:05 13:45

10連休も後半に入り、長女親子も加古川へと帰って行きました。
そして今日は晴天! 膝はいまいちの状況ですが、山に行ってお花に会いたい。
楽に歩けて、お花にも会える山・・・という事で、国見山に向かう事にします。

花の山国見山、アクセスし易いから今日あたり登山者が多いのでは?と思ったのですが、到着した上の広い登山口には車はゼロ。  あらぁ・・・皆さん他のお山に行ったのやね。
ま、ここは一人でも寂しくないし、準備をして出発します。

 他に誰もいない上の登山口 アブラチャンかな? 

吹く風は快く、明るくて広い防火帯の尾根を登って行けば、1370mピークへ到着。
途中木々の向こうに、広く土を盛ったような所が垣間見えていましたが・・・
国見山も作業道や林道が延びて、様子が変わって来ています。

植林帯から雑木林に変わり尾根を進んで行くと・・・楽しみにしていたオオカメノキが見えて来ました。

 オオカメちゃん咲いてる〜!

雪のように白くてきれいです。
まさに見頃!嬉しいです。
ピーピーチッチッ・・・ってコガラさんもかわいい声で鳴いてる。

雪のように  白いです

今日のザックには小銭が入っていない。
お賽銭がありませんが、神様の傍まで行ってお願い事をさせてもらいます。
避難小屋の脇を通って・・・
さあ、山頂に到着〜!

神様に今日もお願い事  山頂へ

一人っきりの山頂。
とりあえず一人でセルフ撮影。(見苦しくて傍のブナも迷惑そうでした・・・)
まだ時間も早いですからね、そのまま川崎方面へと下りかけた時、単独の男性(外人さん?)が登って来ているのが目に入りました。

 二等三角点国見山 奥に中津山  川崎方面へと下る

こちら方面に下るのは何年ぶりかなあ?(2012年以来)
久しぶりなのでワクワクします。

 アブラチャンと飛行機雲

登山道両側にあるミツバツツジは、まだ殆どが蕾状態。
咲けば、ミツバのトンネルとなる事でしょう。

 ミツバツツジ咲き始め こちらの黄色はヤマヤナギ 

ニリンソウにハシリドコロ・エンレイソウetc・・・お花が沢山あったよね、この道沿いには。
でもそんなには見つけられんかった。
以前に見たトリガタハンショウヅルも、目を凝らしながら歩いたのだけど、確認出来ませんでした。

ワチガイソウ  モミジの若葉 

あらぁ・・・そうこうしてる内に、いきなり林道が現れました。
まあ・・・!こんな所まで延びて来たのやねぇ? えらい変わりようです。

林道に出る   どこまで延びるんだろう?

お花が沢山あったのは、この辺りやったみたいです。
エイザンスミレやイチリンソウ・ミツバテンナンショウ等が見られました。

エイザンスミレ   ニリンソウ

『この先行き止まり』って立て札があるのに、林道には下りず目の前の尾根を進んだ私。
細い尾根の両側下に林道が見えてる。
案の定、進んで行ったら尾根は寸断されて崖になっています。

この先尾根は寸断   この下を歩くのが正解でした

引き返すのも面倒くさくて、何とか下りられそうな所からズルズルと下降して林道に。
寸断された尾根の下、カーブになった広い所には車が1台停まっています。
そしてその下の尾根の続きを下りて行くと、見覚えのある大歩危へと続く登山道となりました。
確かヒカゲツツジもここら辺にあったよね?
今日は分かりませんでした。

斜面をズルズル下る   久しぶりやね!たんこぶの木

カタクリさんは、ネットで保護された中にひっそりと咲いていました。
近寄れないので、何とかズームで撮影。
ここでご夫婦の方と出会いました。林道に停めてあった車の方のようです。

カタクリ 

そしてお目当てのヤマシャク。
清楚なお花、今年も会う事が出来ました。

ヤマシャクヤク 

続いてシコクカッコソウ、今日会いたかったお花たちに会えて嬉しいです。

陽だまりにひっそり咲く   シコクカッコソウ

杉林の中の妖精さんたち 

小さな虫が顔にまとわりついてうるさいですが、ここでお花を眺めながら至福のお弁当タイム。
ひたすら静寂な森の中での、贅沢なひとときを過ごしました。

うすいピンク色   まだ蕾も

帰りに歩こうと思っていた道には、通せんぼがしてあります。
行ってみたい気もしましたが、すぐ上に林道があるんだもんね。安全な方を選びます。

歩くつもりだった道は通せんぼしてる   林道へ戻る

ほぼ下りばかりのこの林道歩きは、お花もいろいろ見られて楽しい。
遥か下方の谷にも、沢山のヤマシャクが見えています。
あんな下までは、よう見に行かんもんね・・・。

ヒメレンゲ   ミヤマハコベ

出発した登山口が近付く頃、後方から先程のご夫婦の車がやって来ました。
国見山まで登って来たそうです。
そうか・・・林道が延びたから、あそこから登ったら最短コースになるのやね。

新緑の森   オンツツジ

登山口まで戻ると、車は1台だけ増えていました。

という、一人でたっぷり楽しんだ本日の国見山でした。(独り言もたっぷり!)
明るい尾根歩きは、全然寂しくなかったです。
また来年もこのルートで歩きたいと思います。(林道はどこまで延びてるでしょうね?)

 本日のログ