2019年05月04日
稲叢山(1506.2m)
トンネル登山口 岩テラス 尾根分岐 反射板広場 稲叢山山頂 谷分岐 トンネル登山口
9:10 10:10〜10:25 11:10 11:50〜12:20 13:00〜13:15 13:45 14:10

アケボノツツジはどんどん咲き進み、山友さんたちからのお便りが届きます。
グランマー啓子さん三ツ森山で、flowさん東光森山で、素晴らしい白アケボノに出会っています。
白アケボノ・・・見たいなあ。でもどちらの山も、自分には無理そう。
先日行ったばかりの西門山にも咲くと、昨年教えてもらいました。
前回は蕾が多かったし、お天気も今ひとつやったからね・・・と、再び向かう事にしました。

 トンネル手前のヤマザクラ 青空を背に輝く 

トンネル手前のヤマザクラが、朝の光を浴びてとてもきれいです。
前回は、ヤマザクラの後方にアケボノのピンクも見られましたが、もう終わっていました。
ここから見る西門山北斜面にも、ピンクが少なくなったみたい。

今日も既に数台の車が停まっている、トンネル南の登山口から出発。
小さなお花たちが出迎えてくれます。
前回満開だった、歩き始めてすぐの岩場のアケボノはもう終盤。

 コミヤマカタバミ オオヤマさまも芽吹き 

オオヤマさまは新芽を出してるし、ブナやヒメシャラの若葉が何て美しい!
先日一緒に歩いた長女は、ヒメシャラの木を見て『どうしてこの木だけ色が違うの?』なんてお馬鹿な事を言っておりました・・・。
ヒメシャラの明るい幹の色は、ほんとにきれい。 見てるだけで元気になれそうな気がします。

ヒメシャラとブナ

そしていつものランバダの木
この木ってアケボノやったのやね〜今さらながら気が付きました。
かなりの古木と思われますが、きれいに花を咲かせていましたよ。

ランバダの木も  花盛り

今日は西門ピークまでは行きません。
ミニゴロゴロ八丁を登って、いつも素通りする西の尾根に行ってみる事にします。
登山道では無いので、すんなりとは進めませんが、何とまぁ!大きなヒカゲツツジが出迎えてくれました。
ゴロゴロ八丁の登り始めの岩壁に、2ヶ所程ヒカゲの木が見られるのですが、上にはこんな大きな木があったのやね。もう2〜3日したら咲きそうです。見たいなあ。
『また来ようか?』って同行のE子さん。

 こんな所にヒカゲツツジ  大きな木です

その突先には絶景が広がっています!アケボノもあります。見頃を過ぎてて残念ですが。
足元はフワフワの苔のじゅうたん。
『コーヒータイムに持って来いの場所やね!』と、ここで小休止。
平家平〜冠山〜チチ山〜笹ヶ峰の山並みが目の前に広がっています。
次回も是非立ち寄りたいものです。

 大展望です

ここで引き返して、今日のお目当ての白&ピンクのアケボノを観賞。
花は大半散って少なくなっていますが、間に合って良かったです。
青空を背に、紅白のアケボノ!
じっくり眺めさせてもらいました。

 お目当ての白&ピンクのアケボノ

そして稲叢山へと向かいます。
鉄塔尾根のアケボノは、見頃を迎えていました。
アケボノ越しの四国山地の山並みが素晴らしい。

鉄塔尾根のアケボノ  見頃です 

今日もお弁当は反射板広場で。
本日は自分たちだけです。
ここが初めてという同行のお二人は、目の前に広がる絶景に大喜び。
絶景をたっぷり味わいながらの、美味しいお弁当タイムを過ごします。
『もう今日は稲叢山山頂に行かなくても、ここまででいい。』なんて言い出すE子さん。
いえいえ、山頂付近のアケボノも見たいし、また違う眺めが待ってるもんね!行きますよ〜。

反射板広場でひと休み   広場より山頂方面のアケボノ

この反射板広場からは、北に急降下する道がありますが、どこに出るのでしょう?
下の林道まで?登って来るのは大変そう・・・。

広場を後にする   コガラさん(?)

四差路からは、登るに連れ見頃のアケボノが次々と出て来ます。

尾根のアケボノ 

今日は青空だから、アケボノもひときわ映えます。
”高知県の山”(旧)の稲叢山にも出ているアケボノの古木は、まだ咲き始めた所。
この木はシロヤシオの頃にもいくつかアケボノが残ってるもんね、開花時期は遅いようです。

古木はまだ咲き始め   こちらは満開

稲叢山山頂も今日は私たちだけ、静かなものです。
そして下の岩場へ移動。

稲叢山山頂 二等三角点稲村ヶ台 山頂下の岩場のアケボノも満開 

こちらのアケボノも、見事に満開です。

岩場付近のアケボノ 

眼下には稲村ダム湖。
メンバーのお二人は、ここも初めてだそうで、喜んでもらえました。
反射板広場だけで帰らなくて良かった!って。

稲村ダム湖 

下山は四差路まで下りたら元の道を少し引き返し、反射板広場の分岐から下へと続く谷沿いの道を行きます。
前々から気になっていた道、今回初めてここから下りる事にします。
どんな道なのかな?ワクワク。

今日はここから下山   明るい谷

谷沿いなので薄暗いかな?なんて思っていましたが、広くて明るい。
始めはチョロチョロだった谷が、徐々に水量が増えて行くのも楽しいです。
それにきれいな水!ペットボトルに汲んで帰りましたよ。
25分程でトンネル南口の駐車場所へ出て、本日の山は終了。

滝が出て来て   トンネル南口へ戻る

帰路は瀬戸川渓谷沿いの道から、石原へ抜ける道を走行します。
ダム湖分岐の辺りは、八重桜が満開でした。

林道沿いの滝   展望所より剣ヶ岳

新緑の谷の美しさを楽しみながら、山道をクネクネと走行。
道沿いにホウチャクソウが咲いていました。

アオダモ   ホウチャクソウ

という、この時季二度目の稲叢山は、いろいろと楽しかったです。
車運転のE子さん、ありがとうございました。お世話になりました。
この後はシロヤシオにシャクナゲ・・・そしてオオヤマレンゲ、秋にはセンダイソウとまだまだ訪れたい稲叢山、
またよろしくお願いします。 お疲れさまでした。