2019年06月16日
高ノ瀬(1741m)
丸石登山口 国体橋 丸石分岐 高ノ瀬 石立分岐手前 高ノ瀬 丸石分岐 国体橋   丸石登山口 
8:45 9:35 10:55 12:25 12:45 13:15 14:05 15:15 16:00 

剣山方面に行く時に通る奥祖谷二重かずら橋、いつも横目で眺めるだけでした。
今回初めてここからのスタートで、高ノ瀬へと向かう事となったのですが・・・。
前日はかなりの雨が降りました。登山道は大丈夫かなぁ?
そして花の開花が遅れている今年、稲叢・西門辺りがようやく咲き始めた所だから、高ノ瀬はまだ早いと思われます。 まあでも天気は晴れ予報だし、初めての道を辿っての尾根歩きは楽しみです。

・・・が当日、高知市内は確かに雨は上がりお日さまが出ていた・・・のに、大豊辺りからはどんより暗い空。
祖谷に入った頃には雨となりました〜しかも本降り状態。
え〜〜っ??こんな状況で山を歩くのイヤだなぁ・・・しばらく車内で待機して様子見となりますが、結局雨具着用で出発する事となりました。

 奥祖谷二重かずら橋入口  雨の中の出発(写カツオさん)

初めての奥祖谷のかずら橋、なかなか揺れます〜。

 頑丈そうなかずら橋(男橋)

濡れた横木を慎重に踏んで通過、登山道へと入って行きます。

 揺れます〜 登山道へ 

丸石谷川沿いの登山道は、大木の多い樹林帯で幸い雨もそんなに当たりません。
雨そのものも小降りになって来たようです。

岩の上に根を張る木  渡渉

前方に何か見えて来た・・・。
国体橋に到着したようです。
フムフム・・・これがよく耳にする国体橋なんやね〜。

何か見えて来た〜 これが国体橋 

橋を渡り、ここで谷から離れてつづら折りの登山道の始まり。
この斜面、積雪時には怖くて歩けないなぁ・・・なんて思いながら、ジグザグを繰り返して登って行きます。
上の方から人声がして、団体さんが下山して来ました。
大坂からの皆さんで昨夜は剣山ヒュッテ泊り、カミナリと土砂降りがすごかったそうです。
折角四国に来てもらったのに、何とも気の毒・・・。
これに懲りず、またいらして下さいね。

 対岸から見る国体橋 下山して行く大阪からの団体さん 

出発から約2時間、やっと丸石分岐に到着。
これからは尾根歩きとなりますが、風が強く寒い!雨はほぼ止みましたが、ガスで視界なし。
気温も低く指先の無い手袋では冷たくて、二重手袋にします。
(二重かずら橋で二重手袋・・・なんて言ってる場合でも無いですが、予備の手袋は必携ですね)

 丸石分岐  ガスの中の尾根歩き

途中の岩場では、濡れた岩が滑るので要注意。
後続のメンバーが岩に太腿を挟まれたようですが、たいした事無くて何よりでした。

 滑る岩に注意  慎重に

高ノ瀬手前のピークの、風を避けた場所で休憩。
今日はおそうめんは寒い〜早々に流し込み、温かいコーヒーでホッとした事でした。

尾根は強風   風を避けて休憩(写カツオさん)

一瞬明るくなり、これでガスも晴れるかと期待します。
が、すぐにまた消えてしまう陽射し・・・今日はこの後もこの繰り返しでした。
雨は止んだから、まあそれだけでもいいか。

一瞬の陽射し  再び出発 

高ノ瀬に到着しました。
笹が復活していて、かつての荒廃していた頃とはずい分様子が違って来ました。
保護ネットの中ではオオヤマレンゲが育っています。

保護ネットの中のオオヤマレンゲ   高ノ瀬山頂 三等三角点高ノ瀬

オオヤマレンゲ群生地は、まだもう少し先。
今日初めての彩り、咲き残りのミツバツツジのピンクが嬉しいです。

嬉しい彩り ミツバツツジ 

そして、一つでも咲いていないかなの願いむなしく、オオヤマさまは固い固い蕾。まあ予想通りではあります。
強風に揺れていました。
こんな状況ですが、石立分岐の方から下山されて来たグループの方たちがいます。
彼らもオオヤマレンゲの様子見だとか。
その後、単独の若い女性もやって来ました。
皆さんオオヤマレンゲ開花を待ってるのね。 あと2週間は先でしょう。

オオヤマ様はまだ固い蕾  強風に揺れる 

来た道を戻ります。

ダケカンバとミツバツツジ 

笹は復活しているものの、立ち枯れの木が目立つ尾根。

来た道を下山  白骨樹が目に付く 

帰りは岩場は避けて下の巻き道を通りますが、こちらの方がザレていて歩きにくかったかも。

かわいいキノコ   岩場を無事通過

ガスの切れ間に、石立山が顔を出します。
四国一の急峻な山は、見るからに恐ろし気・・・。

石立山 見るからに厳しそうな山容   カマツカ?

分岐まで戻り、丸石避難小屋をちょっと覗いて見たりして、再びつづら折りの道を下って行きます。

ここにもキノコ  丸石避難小屋 

シロヤシオやミツバツツジの木も見られる斜面ですが、今は花も無く単調な下り・・・長かった〜。
花の頃、紅葉の頃、そしてお天気の良い日に、また歩きたいものです。

つづら折りの道を下山   沢沿いの大木

国体橋を通過し、再び谷沿いの道。
起伏は無いものの、転んだりしたら谷まで落ちる〜気を抜いたらいけません。

名付けて”丸石下の廊下”   左下は谷

やっとかずら橋まで戻って来ました。
帰りは女橋を通ります。(野猿というのにも乗ってみたかった)

男橋まで下山   帰りは女橋から

男橋と女橋と2つあるから二重かずら橋なんやね、と今更知った次第でした。

男橋よりも小さい  結構スリルあります 

お天気は回復せぬままでしたが、橋を渡って無事下山となりました。

皆さんスイスイと渡る(写カツオさん)   ギンリョウソウがお出迎え

初めての丸石谷川沿いの道は、趣のあるとてもステキな道。
お天気の良い日に、また行けたらと思います。
お疲れさまでした。