2019年06月24日
中津明神山(1541m)〜猿越山(1436m)
水の峠分岐 中津明神山 猿越山登山口 猿越山 水の峠分岐
9:07 9:25〜9:50 10:50 11:07〜11:45 12:45

梅雨入り発表が未だありませんが、グズグズしたお天気が続いています。
その中で24・25日は晴れマーク。
以後はズラリと傘マークの天気予報になっていて、ついに梅雨入りとなりそうです。
これは貴重な晴れ間、山に行かなくてはね!
自力で行けて、花も楽しめて、標高差も少なくて・・・思いつくのは中津明神山
もちろん吾川スカイパークからでは無く、殆ど山頂近くまで車で行っての楽歩きです。

 雨上がりの仁淀川河川敷  土手にはかわいいネジバナ

昨夜は雷鳴轟き、かなりの雨が降りました。
が、今朝は雨も上がり、久しぶりのスカッとした青空です。
やっぱりこれでなくっちゃぁね!
吾川スカイパークから見る中津明神も、どんどん雲が上がっていて、今日は快適な稜線歩きが出来そうです。

 吾川スカイパーク 涼し気なアジサイ 

舗装道とは言え、相変わらずの凸凹激しい道。
ドラレコが何度も『衝撃録画を開始します』って繰り返す。
対向車も無く、何とか水の峠分岐まで上がって来ました。
いつもながらいい眺め!

 こんな上からスタート ニシキウツギがきれい 

車道を少しばかり戻って、登山道へ入ります。
登り始めてすぐに、車が1台下りて行きました。(途中で会わなくて良かった・・)

登山道へ  ヤマツツジ

急登ですが、わずか15分程で山頂着。楽チン登頂です。
さあ、本日のお目当てのオオヤマさまに会いに行かなくてはね!

すぐに到着中津明神山山頂 一等三角点 中津明神 後ろ向きのオオヤマさま 

中津明神のオオヤマさまに会うのは、今回が初めてです。
かなりの大きな木に、花をいっぱい付けています。
でも周辺は踏み跡だらけ、折れた枝も2つありました・・・。
斜面に立っているので、足元にも蕾を付けた小枝があります。気を付けて・・そっと歩かねば。

 こんな状態の花が多い 明日は開くかな? 

どのお花もまだ遠慮がちにお顔を伏せていて、花芯のきれいなピンク色が見えません。
一番開いていたのがこの花です。

 ほんの少しお顔が・・

石鎚山はまだ雲の中に隠れていますが、素晴らしい山並みを背に咲くオオヤマレンゲ。
大事に見守りたいものですね。

 ロケーション抜群

車道に戻り、水の峠分岐へと向かう道沿いにも、そして遥か下方にもオオヤマレンゲが咲いているのが見られました。 深山の尾根筋に咲くというオオヤマレンゲ、ここは生育に適しているようです。

車道に戻る   車道下方にもオオヤマレンゲの木がいくつか

猿越山に向かってしばらくは車道歩き。
この山にはニシキウツギがよく見られます。咲き始めはクリーム色で、後にピンク色に変わるのだとか。
きれいな花です。

猿越山へ向かう  アザミがいっぱい 

眺め良く花ありのこの道は、面白味には欠けるかもですが、足が今よりもっと弱ってもここだったら歩けそう。

見上げる中津明神山   蝶がひと休み

イタドリは、さすがにもう竹のようになってる。
ウドもいくつかありました。

ドウダンと中津明神  ニガナもいっぱい 

タツナミソウ  コナスビ 

もっと沢山の人に訪れて欲しいこの道です。
せめてあのボコボコの道を、補修してもらえないものでしょうかね。
この車道が行き止まりというのも、残念に思います。

シロバナニガナ   ナルコユリ

車道から登山道に入れば、猿越山はもう近いです。
笹も刈られて快適な道。

ここから登山道へ  快適な道 

振り返れば中津明神の端麗な姿。
県境尾根でもあるこの稜線は、文句無しの素晴らしい眺めが広がっています。

振り返り見る中津明神 

木立を抜ければ山頂はもうそこ。

サワフタギ?   あそこが山頂

笹の中にササユリ発見。蕾が無ければ笹と見分けが付かないです。
そして到着。東からだったら、直下の急登に喘いでの登頂でゼイゼイ言ってる所ですが、今日は楽チン。
石鎚はまだ雲の中に見え隠れしていますが、筒上・手箱・・・雨ヶ森・・・360度の山並みが素晴らしい。
少し下りた木陰で、のんびりお弁当タイムを過ごします。

ササユリの赤ちゃん  猿越山山頂 三等三角点 猿越 

そして再び中津明神に向かって、元来た道を帰ります。

来た道を戻ります   遠ざかる猿越山

途中でバイクが1台やって来ました。
バイクで走るのも気持ちいい道、ずっと行き抜け出来たらいいのにね〜。

ホソバヤマハハコ   ?出始めの穂先がとてもきれい

姿のいい山です   今ごろスミレ(ホソバシロスミレ?)

お花や眺めを楽しみつつ、水の峠分岐まで戻って来ました。
ジャコウソウ咲く夏の終わり頃には、また来たいものです。

眼下に吾川スカイパーク・名野川の集落 

帰路はちょっと寄り道して、越知に最近オープンした”かわの駅おち”(スノーピーク経営)に寄ってみます。
余りにもコーヒーのいい香りが漂っていたので、ついついテイクアウト。
その後、ササユリが咲いてるという虚空蔵山に行ってみます。(もちろん車で上まで)
この2月に勝森〜虚空蔵山と縦走して、下山は車道を歩いているものの、記憶は曖昧・・・。
間違って鉱山の方に行きかけてしまいました。

ウツボグサ   アキノタムラソウ

ササユリは、ポツポツという感じで咲いていました。(もう終盤)
今年お初の笹百合子さん、変わらず清楚で可憐な姿です。

ササユリ 

という、本日は楽歩きでお花も眺めも楽しむ事の出来た一日。
お付き合い下さったお二人様、ありがとうございました。
(この翌々日、四国地方はやっと梅雨入りとなりました。梅雨前線は台風まで連れて来て!)