2019年07月05日
寒風山(1763m)
寒風茶屋登山口 桑瀬峠 寒風山山頂 1651m
寒風山 オオヤマの森 桑瀬峠 登山口
8:43 9:45 11:08 11:40〜11:50 12:25〜12:50 13:03〜13:43 14:50 15:33

梅雨の晴れ間の本日は、裏のオオヤマさま目当てに寒風山へ。
笹ヶ峰まで縦走の元気はありませんが、エントツ山さんの掲示板で見たログを頼りに、オオヤマがあるという1651mピークまでは行ってみたいです。
木の香温泉を過ぎると、前方にそそり立つ寒風山の堂々たる山容が見えて来ました。

 合歓の木(白花)  葛原川と寒風山

空はこの所久しぶりに見るような、スッキリ青空。
今日は快適な稜線歩きが出来るなあ!(と、この時点では信じておりました)

 国道より望む寒風山

やって来た寒風茶屋登山口、休み明けとあって他に車は2台だけ。静かなものです。
痩せてあばら骨が浮き出た犬がやって来ました。
捨てられたのか、置き去りにされたのか・・・どうして食べ物も無いこんな山に・・・。
足も怪我をしています。ビクビクしながらも寄って来ます。
パンをあげましたが、空腹をしのげる量ではないし。
何ともやり切れない気持ちになりながら、登山口へと向かったのでした。
下山して来て、食べ物が残っていたらあげるからね。(でも今日はご飯も持ってない)

 緑濃い寒風茶屋登山口 ヤマアジサイは咲き始め 

桑瀬峠へと登るのは、昨年の伊予富士以来かな?
こちらから寒風に行くのも、約1年振りになります。

ヤマツツジ  ノイバラ?

桑瀬峠までで早くも汗びっしょり。ふくらはぎに堪える、相変わらずの急登でした・・・。
この後は嬉しい稜線歩き。

雲が湧いて来る 伊予富士方面 

峠を過ぎた樹林帯では、キノコがニョキニョキ出ています。
これからは、キノコもいろいろ出て来て楽しみが増えますね。

 キノコびっしり イタチタケ? 

登山道は、この辺り笹が生い茂っています。背丈ほどの高さの所も。
アイタタ・・・アザミに当たらぬよう歩かないとね!

 サワフタギ?  アザミ街道

アザミ街道・ニガナ街道、といった所。
夏のお花は、まだ準備中。

 ニガナ ウバタケニンジン 

シコクフウロも、まだ葉っぱばかり。例年ならもう、一つ二つは咲いてるよね?
葉っぱの中に卵発見。割れてるから、ヒナはもうかえったのでしょうかね?

小鳥さんの卵発見   コメツツジ

前方に、寒風山の個性的な山頂が見えて来ました。
いつの間にか青空は無くなり、ガスがどんどん流れてる。

山頂はもうすぐ 

他にはどなたの姿も無い、本日の寒風山山頂。
私たちも水分だけ摂って、そのまま笹ヶ峰方面へと進みます。

誰もいない寒風山山頂   ガスに隠れる笹ヶ峰〜チチ山

下っていると前方からトレランの男性が1名、軽やかな足取りでやって来ました。
『いや〜ここは走り易い、いい道ですね〜!』って。
『そうですね〜展望もいいし』と返したものの・・・我々老年隊には、歩くのさえやっとなんですが・・・。
途中一つ目のポイントにオオヤマレンゲはあったものの、花は見当たらなかったです。

稜線を進む  あのピークまで 

寒風〜笹ヶ峰縦走路の核心部(と、自分では思っている)の、やせ尾根・岩場の鞍部までやって来ました。
オオヤマレンゲは、目の前のあのピークにあるようです。
ロープ箇所を下り、後のメンバーを写そうと振り向いたら・・・
あれ?あんな色のウエアの人いたっけ??しかも老年体型では無い。
いつの間にか単独の男性が追い付いて来て、ここで追い越して行かれたのでありました。

いつの間にか1名増えてる〜?  白骨樹までやって来ました 

寒風山からずい分と下って来ましたが、鞍部から少し登ったここでついにオオヤマさまと対面です。
(二つ目のポイント)
覗き込んで、一生懸命写させてもらいました。
ほんと、はるばる会いに来る価値のある美しさです。

咲いてます!オオヤマさま   お顔を見せてね・・

そしてここでUターン、今来た道を引き返します。(下った分、また登らなくては・・)

この辺りは慎重に  ウスノキ 

往きには気付かず通り過ぎた場所に、オオヤマレンゲ発見。
花が付いていなかったオオヤマの付近、登山道から少し奥まった所に比較的大きな木がありました。
よく見れば、周辺にも小さな木がいくつか見られました。

ここにもオオヤマレンゲ  まだ眠ってる 

二箇所のオオヤマレンゲに会えたのは良かったですが、この後の登り返しはしんどかった〜〜。

登り返しがしんどい〜〜! 

ゼイゼイとやっと寒風山山頂まで戻り、祠の横でお弁当です。
今日は虫も少なくて、ゆっくりお弁当タイムを過ごす事が出来ました。

バイケイソウ まだ蕾  今日はおそうめん 

この後西ノ肩へ移動。
かわいいイワキンバイが咲いていました。
そして急斜面を下り、裏へと下りて行きます。
濡れた岩が結構滑る・・・気を付けて・・・。

岩場にイワキンバイ   かわいい

裏のオオヤマレンゲの森の中、そここでひっそりと美しく咲いている姿が見られました。
急斜面の足元は覚束なく、先程の縦走路の場所もそうでしたが、深山の貴婦人さまに会うのはなかなか大変。
その分、会えた感動もひとしおです。

裏のオオヤマさま   ヤブウツギ

ユキワリソウ 

ユキワリソウも、まだきれいに咲いていました。
ヤブウツギも色鮮やかです。
たっぷり楽しませてもらったひとときでした。

純白の貴婦人 

尾根まで戻り、寒風を後にします。
いつもの場所のヤマツツジもまだまだきれい。
ホツツジは、まだ蕾が出来始めた所でした。

ガスに隠れる稜線   ヤマツツジ

大岩周辺のお花たちも、今年は咲くのが遅く、コウスユキソウやカラマツソウが見られたくらい。
この後が楽しみです。

コウスユキソウ   ヒヨドリバナ

モミジイチゴ   ヤマアジサイ

桑瀬峠まで戻った頃は、視界もぼんやりするくらいのガスが立ち込めていました。
登りも下りもしんどい桑瀬峠〜寒風茶屋登山口の道。
段差が膝に堪えますが、夏のお花がこれから沢山咲くから、また来なくては。

下山すれば、もう車は自分たちのだけ。
ワンちゃんに、メンバーが残り物のサンドイッチをあげています。
目的のオオヤマレンゲを楽しみ、縦走路も少しだけ歩いての、満足の本日の寒風登山でしたが、ワンちゃんはこの後どうなるんだろう・・?
気になりながら、駐車場を後にしたのでした。